【CB250N】“普段使い”できるブチアゲ⁉これなら目立てて乗りやすい!

2021/05/25

COLUMN

単車&暴走族関連記事

イベントの花というべき存在のブチアゲバイクは、実は会場以外での、普段の使用用途によっても佇まいに変化が見られる。イベントオンリーのバイクにもまた、様々なタイプがあるようだ。
イベントで自己のバイクを目立たせたかったら、一番わかりやすいのはブチアゲだろう。単純に表面積が大幅にアップするので目に付きやすいというのも理由のひとつだが、架装を上に伸ばすことで、他のバイクよりも当然、目に触れるやすくなる。

仕上げたブチアゲはあくまでもイベント専用という場合もあるし、日常のツーリングなどで使用する場合もある。のちの使用方法によっても、仕上げ方は違ってくるはずだ。




こちらのホークは普段使いのバブにゾウッパナを取り付け、イベントに参加したのではないか。

デュアルのハーフカウルには左目だけのマーシャルフォグ。ローレルウィンカーはヘッドライトステーに丸目のヨーロピアンを装着したので取り外されたものと思われる。




外装はメタリックなエメラルドグリーン。ロゴやパターンは加えないことで、逆にオリジナリティーを出している。三段シートも高さを調節して、フロントカウルとのバランスをとっている。

そして、そのシートに添えられた赤灯と紅白のテープを巻いた三連のラッパが超ワルい!



ほかにも絞りのアップハンや年季を感じさせる当時物マフラー、超ロングの社旗棒に日章の小旗など、目を引くアイテム多数。ただの目立ちたがり屋ではないのが分かる。



▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【GS400E】派手さを取り除くことで個性が際立つ“引き算の美学”がかっこいい!

【工芸単車】アートなCBX400Fが真鍮の竹やりマフラー装着でプロミュージシャンとコラボだと⁉

【CB250N】この色そしてこのポーズ!モデルは昔懐かしの“アイツ”じゃないか?【バブ】

【CBR400F】Tiffanyレーシングのブチアゲ!旧栃参戦の裏側にはこんなドラマがあった

【XJR400】現役感たっぷり!夜の街道もお似合いの男前バイク【現行車】




▼バブ関連の動画をチェック!





執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP