【XJR】デザイン力でここまで!唯一無二の新感覚外装塗装が現行車にもピッタリ!

2021/05/24

COLUMN

単車&暴走族関連記事

日本はホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキという、バイクの世界シェアトップ10に入る4大メーカーを有する”バイク大国“。モトGPでも2000年以降の20年で19回の優勝を日本のメーカーが占めているように、性能の面でも大きなアドバンテージを持っている。





レースだけではなく、世界シェアの上位を占めているということは「MADE IN JAPAN」に対する信頼度が高いことの現れでもあるのだろうが、それはバイクだけに限らず、タイヤに関しても同様だ。

1位のブリヂストンをはじめ、ダンロップ/ファルケン、ヨコハマ、トーヨーなど、こちらも世界シェアの上位を日本のメーカーが占めている。





モータースポーツの世界にも積極的に参加していて、ファルケンやヨコハマ(ADVAN)などは独自にチームを運営しているが、シェア1位のブリヂストンはスポンサードはするものの、2輪も4輪もチームは持っていない。

そのブリヂストンにチームがあったら? といったイメージのバイクが、こちらのXJRだ。

使用している赤/白/黒の3色は、自転車レースなどでも使用しているコーポーレートカラー。ベースとなるバイクはないので、カラーリングは完全なオリジナル。タンクやイノウエのフルカウルには見慣れたブリヂストンのロゴが書き加えられている。





三段シートはタックロールではなくクロスステッチ。厚みを抑えめにしてスタイリッシュに仕上げた。ベルト部分に差し込んだコルク半の富士日章も、よく見ると赤/白/黒の3色を使用した構成になっている。

色合わせという意味ではハンドルグリップやマフラー・ワルツ機械曲げ管のプレートに至るまで、実は3色しか使用していないことに気付く。構成力の高さで唯一無二のバイクを作り上げている。



▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【プロ級カスタムのXJR】オーナーが愛情込めて仕上げた1台がシブすぎる

【ほぼⅢR】遊び心で仕上げたホーク3がひとクラス上の魅力を持っている!

【大人ゼファー】バリバリの現役仕様に大人のエッセンスを加えた結果がコレだ!

【GS400】九州らしさを巧みに取り入れた前衛的なGSがスゴかった!【爆発カラー】

【CBX】なんだこの塗装は!?エアブラシではない独自ペイントがマジで凄い




▼ZEPHYR関連の動画をチェック!





執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP