バイク一覧 単車&暴走族関連記事 KAWASAKI ZEPHYR

【ゼファー】カワサキのいいとこどり!アイディア満載の外装がシブすぎた

2021年6月11日

カワサキのイメージカラーといえばライムグリーンだが、すべてのバイクがライムグリーンを取り入れているわけでは、もちろんない。70年代・80年代に発売したバイクは、むしろ他者よりもカラフルなくらい多種多様なカラーのバイクが存在していた。


たとえばこちらのゼファーのカラーリングは、おそらくZ400FXの最終形・E4の色と形から着想を得ているはず。タンクの下部に沿って伸びる濃紺に赤のライン、そしてゴールドのフチはまさしくE4のそれだ。

そしてタンク上面にも同様のラインが入っているが、これなどはZ1やZ2のタイガーカラー玉虫カラーに用いられていたデザイン。まさにカワサキの“いいとこ取り”仕様となっている。


さらに注目したいのが、タンクのロゴマーク。元々はまったく新しい試みを広く伝えたいとの思いから、「KAWASAKI]」ではなく「ZEPHYR」と、車種名をアピールしていた。

これを車種名から社名に戻しているというがセンスの現れ。フロントフェンダーのシャークエアロにも同様のカラーリングを使用。統一感を感じさせる。アンダーカウルこそ付いていないが、塗装面を増やすことでバイク全体の迫力は増している。


現行車にしては珍しく、アールズのオイルクーラーを装着。

マフラーはテクニカルサービス本多製ヤマト管のブラックモデルをチョイスした。


ハンドルはトップブリッジを換装してCBXハンドルを取り付けている。見た目の変化はもちろんだが、こういうチョイスは往々にしてコールに起因することが多い。アクセルホースが1本だけ取り付けられてることをみても、この推理は間違っていなさそうだ。

▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【プロ級カスタムのXJR】オーナーが愛情込めて仕上げた1台がシブすぎる

【ほぼⅢR】遊び心で仕上げたホーク3がひとクラス上の魅力を持っている!

【大人ゼファー】バリバリの現役仕様に大人のエッセンスを加えた結果がコレだ!

【GS400】九州らしさを巧みに取り入れた前衛的なGSがスゴかった!【爆発カラー】

【CBX】なんだこの塗装は!?エアブラシではない独自ペイントがマジで凄い

▼ZEPHYR関連の動画をチェック!

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-バイク一覧, 単車&暴走族関連記事, KAWASAKI ZEPHYR

© 2021 i-Q JAPAN