旬ネタ&速報 単車&暴走族関連記事

【バイク21台】暴走族の再興か!? 冬の新潟で共同危険行為により突如24名もの逮捕・送検を出す緊急事態発生!!【四輪2台】

「集団で暴走したい!」平成の世が終わろうとしている昨今でも、その思いはずっと変わらず育ち続けている

最近、全国各地で共同危険行為による逮捕者が相次いでいる。それも、未成年の暴走が多く、今でも各地にその存在が確認できる機会にもなっている。

それが、今度は新潟で共同危険行為の逮捕・送検があったという。しかも、その数なんと24人というから驚きだ。

画像はイメージです

昨年11月上旬、新潟県新潟市内で車両21台による集団暴走を行い、周辺の交通に影響を与えたとして、新潟県警は7日までに暴走へ関わった12人を道路交通法違反(共同危険行為)容疑で逮捕。別の12人を同容疑で書類送検した。

carview!より引用

規模としてはソコソコ大きい。暴走族で24人だとしたら、今どきではかなりの大所帯。これはひょっとすると、旧車會関係者の関与もあったのでは? と気になるところだ。

画像はイメージです

新潟県警・交通捜査課によると、共同危険行為で逮捕・書類送検された24人はバイク21台と乗用車2台に分乗。2017年11月2日の午後10時50分ごろ、新潟市西区内から集団での暴走を開始。新潟みなとトンネル(新潟市中央区から東区)を経由し、その後は各集団に分かれたが、約10分間に渡って蛇行運転や低速走行を繰り返した疑いがもたれている。

carview!より引用

この報道で、気になるところはほかにもいくつかある。ひとつは10時50分と深夜であること。旧車會のナイトツーリングだとしたら、繁華街にほど近い場所をその数で、その時間帯に走るだろうか? というのが一点。

画像はイメージです

もうひとつは、時間が10分と短いことだ。もし旧車會がハメを外すのだったら、ある程度、覚悟するハズ。その場合、逆に10分では収まらないんじゃないだろうか? 

そこで、新潟市に在住の旧車會関係者A氏に話を伺ったところ、全体像が見えてきた。

A氏「あれは市内の高校生が中心になって走ってたみたいですよ? どちらかっていったらマジメな子たち。LINEで呼びかけて走ったって聞いてます。なんか、溜まってくるんでしょうね(笑)」

画像はイメージです

なるほど、それなら話は分かりやすい。旧車會でも暴走族でもなく、最近はやりのSNS暴走だ。
10万円から始める仮想通貨取引攻略法

A氏「ここ何年、新潟に暴走族はいないんですよ。私たちもほとんど夜は走らないんで、新潟は夜が静かなんです(笑)。それが物足りなかったんですかね?」

旧車會関係者の関与はなかったのだろうか?

A氏「もうまったくないです。調べたんですよ、いたらぶっとばしてやろうと思って(笑)。でも、いなかったんで。間違いないと思いますよ」

そしてもう一つ、気になるのが時間が10分と短かったことだ。あまりに短時間すぎる。

画像はイメージです

A氏「それがねぇ、たまたまその暴走に遭遇した後輩に聞いたら、信号は止まるしメットもかぶってるしで、カワイイもんだったみたい。覆面(パトカー)と出会っちゃって、それが運の尽きだね。ほんの10分、ハメを外しただけなのにね」

その理由が振るっている。

聴取に対して数人は「毎年11月3日に大阪で行われるイレブンスリー暴走に憧れ、真似したかった」などと供述しているようだ。警察では参加メンバーを募った経緯についても調べを進めている。
新潟県内でもここ数年は活動が確認できていないが、「年に1回ぐらいは大集団で走りたい」という願望はあるようで、それがイレブンスリーの模倣というかたちで現れたようだ。

carview!より引用

画像はイメージです

ここまできて、ちょっとムッとしていることがある。

イレブンスリーに憧れるのはいい。その気持ちは分かる。

ただ!

「年に1回ぐらいは大集団で走りたい」

ここ!!

キミらさぁ……。新潟でしょ?

年に一回くらいは集団で走りたいって?

いい場所あるじゃん!!

Q-1行けよぉうぅぅぉおおおおぅぅぉぉぉぅぉおおおおおおおお!!!!!!!!

地元じゃないか!!

年に一回、存分に集団で走れるぞ! ビッグスクーターはどうかと思うけど、そうじゃない単車だったらさぁ……


間瀬のサーキット行けよぉうぅぅぉおおおおぅぅぉぉぉぅぉおおおおおおおお!!!!!!!!

もう一回いうけど地元じゃないか!!

ということで少年たち、次のQ-1で会おう!!

▼一方、福岡では……
【暴走族】福岡の共同危険行為に現役暴走族が関与? その結論には誰もが納得する驚愕の理由があった!!【平成暴走】

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-旬ネタ&速報, 単車&暴走族関連記事
-, , , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN