SUZUKI GS

【GS400】個性に憧れと尊敬をプラスしたGSの仕様が唯一無二だった!【たけまる一門】

赤と黒のツートンカラーは昭和の中型4発ブームの際にも大流行したカラーリングで、ホンダはCBXのⅡ型に、スズキはGSX400FSインパルスに、カワサキはZ400FXに、ヤマハはXJとRZに、それぞれ純正カラーとして採用したカラーリング。ついでに言うとスカイラインの六代目やダイハツのミラターボなどにも用いられた、“売れる”カラーリングだった。

どこもそんな公式発表はしていないがターゲットがヤンチャな層だったのは明らかで、赤と黒のコントラストは“ワル”の象徴だった。





そういった意味では、この赤と黒を配したGSは相当ワルい。

ただ、ツートンではなくグラデーションを利かせているのが現代風。タンクとフルカウルにはLINEの三本巻きをデザインしていて、ベースのラメがレインボーの星型でフレークも大きめなので近くで見ると「へぇ」という驚きがある。クリアも厚めで表面は滑らかだ。





ホイールはセブンスターのキャストホイールを履かせて、スイングアームはレース用の強化スイングアーム、リアサスはマルゾッキと、足回りはGS系の王道カスタムを施している。





そして、もっとも特徴的ともいえるポイントが、約60センチ延長の“サソリ三段”。

昭和から平成初期の暴走族の間で流行った手法だが、尊敬する愛知の顔役・塾長氏がGT380に装着していた“サソリ三段”に衝撃を受けたのが直接のきっかけだったそうだ。





ご本人にも了承を得て同じタイプの三段シートを装着。さらにサイドカバーにも『魂』の抜き文字を入れて、塾長氏へのリスペクトを表現。まさに魂の伝承といった仕様だ。





さらにタンク上面には、自身で描いたという浜崎あゆみの“ご尊顔”をペイント。危険を伴うバイク運転にあって、タンクに描かれたAYUは守り本尊のような存在なのだろう。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GS

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN