SUZUKI GS

【GS400】お揃いの外装デザインに個性を詰め込んだGS兄弟がアツすぎた!

いわゆる“兄弟車”の手法はバリエーションも様々。車種も違うバイクを統一コンセプトで揃えてカスタムするケースや、使用するパーツなどを揃えてペイントする外装のモチーフを変えるケースなど、魅せ方にもそれぞれの主義主張が見えてくる。

今回ご紹介するGSも、そんな兄弟車のジャンルに属するコンビ。銀ラメのベースにE2ラインを施した外装デザインを揃えつつ、細部の仕様で個性を表現するというタイプで、こうして2台が並ぶと一見して「あ、兄弟車だな」と分かる。





ペパーミントグリーンのE2ラインを施した手前のGSは、色味を押さえたメタリックな仕上げが印象的。メッキをかけたボトムケースやスイングアーム、エンジンカバーなどの主要なパーツは鏡代わりになるほどピカピカに。

フレームをあえて黒にしたことで各所のメッキパーツが際立っている。





Hリムのスポークホイールは、2台が並んだ際にコントラストがハッキリと出る効果も。ダブルディスクのキャリパーにもメッキをかけて統一感を演出している。





そしてキャンディーレッドのE2ラインを施した奥のGSは、ホイールをセブンスターキャストに、フレームやボトムケースの彩色を赤にすることで差別化を図っている。





リアサスにはオーリンズを採用、BEETのステムカバーなど細部にまで意識が行き届ているのが分かる。





個々のポテンシャル自体が高い両車だが、外装以外にもマフラーをハス切りで統一し、三段シートも高さをほぼ合わせているなどカラー以外でも統一感を見せている箇所も多い。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GS

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN