旬ネタ&速報

【SATA Builder's】博物館クラスSS350のカスタム開始!でもコール切っちゃう!?

我らが佐田兄ぃことバッドボーイズ佐田正樹が自身のYou Tubeチャンネル『SATA builder’s』が新作動画をアップ。バイクカスタム第3弾のベース車・350SSのハンドル交換の模様を公開した。

SATA builder’sメンバーのショップ代表がアメリカで買い付けた350SSを購入した佐田総長。これが奇跡の博物館級コンディションでテンションぶち上がりだったのだが、よくよく見るとハンドルが前オーナーの好みで取り付けたヨーロピアンスタイルのバーハンだったことが判明。そこでハンドルは“より純正に近いスタイルに”変更しようということに。

すると佐田総長から衝撃の発言が。




最初から変えるつもりだった!

本能的に前傾姿勢のバーハンより、運転しやすいアップハンへの換装を希望していた佐田総長。その嗅覚はさすがというしかない。




いくつか純正に近いハンドルをチェックしていると、気になる名称のハンドルを発見した佐田総長。それが「トップスター」

実際にあてがってみると、これが意外としっくりくる。ということで装着するハンドルはすんなり決定したのだが、グリップ位置をできる限り下げたいショップ代表の下兄ぃこと下畑さんと、上げめにしたい佐田総長との間でひと悶着

ハンドルの角度ひとつでこれだけ話が盛り上がる動画は、他にないんじゃないだろうか笑。




動画の後半では、バイク初心者のカメラマンから、上記の質問が

そこで2ストと吸い込みと4発のコールの違いを懇切丁寧にレクチャーする総長。そして最終的にでた結論がコチラ。




知りませんでした笑!



さらには久々にアンチに対しての感情が爆発してド正論をぶっぱなしたりと、今回の動画も見どころ満載。見らんとくらさるーぜ!



▼最新の『SATA builder’s』はコチラ!




\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-旬ネタ&速報

© 2021 i-Q JAPAN