旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【総選挙】選挙に立候補すると暴走族も市街地が走れる⁉

2019/07/18

COLUMN

カルチャー

規定外のサイズとサウンドシステムを搭載したマシンの助手席から完全に身を乗り出して自身の存在感をアピールする。これ、暴走族の話じゃなくて選挙の話。つまり、暴走族が選挙に立候補すると、色々なことがオフィシャルにできる可能性が生まれる!


今週末は、参院議員選挙がある。

そこで、前々からの疑問を解消したいんだけど……。

……選挙カー走るじゃないっすか。立候補者を乗せて、名前を連呼する例の車。あれに付いてる拡声器、めっちゃ音デカくないですか?

いつもの「検問でマフラー音を測ってるマン」が測定したら、絶対にアウトだと思うんだけど……。あれっていいの?
あれがOKだったら、だいたいの単車のマフラーはセーフってことになると思うんだけど。

シートベルトを外すくらいならともかく。

それに、選挙カーに乗ってる候補者って、めちゃめちゃ身を乗り出してるっすよね? あれ、セーフなの?





こんな立候補者までいるんだよ?



ほぼハコ乗りじゃん!



と思うこともしばしば。





だけどあの行為って……

全部セーフ!



なんだそうな。

なんでも、選挙カーはシートベルトの着用義務が公職選挙法で免除されているとか。上半身を乗り出すのも、かなりセーフ寄りのグレーらしい。

つまり、だ。

選挙に立候補したら、拡声器も箱乗りも、あんまり怒られない可能性が高い。

ということで、誰か選挙に立候補してみてくれないだろうか?




もちろんシャコタンの選挙カーに箱乗りで、拡声器からはオシャレな曲でも流して、普段だったら絶対に逮捕される市街地のど真ん中を走り回ることができる!

いや、選挙カーじゃなくても、選挙バイクでもいいかもしれない。ブチアゲ単車でも、カウルの側面やエビテールの裏側に名前書いてあればセーフな気がする。



マジで誰かやってくれないだろうか。期待してます!



編集:i-Q JAPAN

TOP