SUZUKI GS

【GS400】一切の手を抜かない仕上げがヤバい! 

今どき、バイクの塗装もどんどん進化していて、ラメやキャンディにとどまらずマットやネオンカラーなど取れる手法のバリエーションは本当に増えている。

だからこそ、ソリッドカラーのみ、という構成は逆に目を引く。これがパステルカラーや純正風のデザインだと、まだしっくりくるのだろうが、こちらのGSのようにラメやキャンディーで仕上げることに見慣れているファイヤーパターンがソリッドだと、その分印象度が高くなる。



・・・って、そんなわけないじゃん!

という声が神奈川の方面から聞こえてきそうな仕掛けがこちら。デザインに入っている白と赤の縁どり部分が反射になっていて、ライトやストロボに照らされてるとご覧の状態になる。フルカウルの側面に入った『CandyLife』の文字は伊達じゃない。



ちなみに、このフルカウルの側面にペイントショップの名前を加えるという手法は、このキャンディライフとウッドアイが元祖。どちらもバイクのペイントでは大御所ともいえる
存在だが、高いレベルで拮抗してたため、現場で混同されることがよくあったのだとか。

そこで示し合わせて、外装の上にショップ名を入れるようにしたそうだ。



仕様としては隙なく仕上げたGSのそれ。足回りは片アンチに換装してセブンスターキャストを装着。このホイールはスポークの内側だけ赤く塗るという小技を利かせている。



そしてリアはウエダのスイングアーム&トルクロッドにナイトロンのショックアブソーバーで挙動性を大幅に改良しているのが分かる。

見た目でも実用性でも抜かりなく手を加えた秀作だ。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GS

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN