旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【衝撃投稿】②アメリカ・ロサンゼルスの族車オーナーに迫る!|海外の暴走族ファンの姿とは一体……【外国人暴走族】

2017/09/23

COLUMN

投稿

アメリカから、暴走族仕様の単車の写真が届いたぞ! 今回はオーナーのプロフィールも大公開しちゃいます

前回の記事では『アメリカ・ロサンゼルス』から送られてきた、ジャパニーズ暴走族仕様の単車を紹介した。メーカーは日本の『SUZUKI』。ロケットカウルに三段シート、旗棒にラッパも装着したその単車は、紛れもなく日本の暴走族仕様だったのだ。

▼前回の記事を読む
【衝撃投稿】①アメリカ・ロサンゼルスから暴走族仕様の単車の投稿があったぞ!【外国人暴走族】

↑↑↑単車の外装についてははコチラの記事から。そして今回は写真を送ってくれたバイクのオーナーさんを紹介しよう!

ニックネーム:Cadillac Pat

年齢:47歳

住所:アメリカ,カリフォルニア州,ロサンゼルス

出身地:佐世保,JAPAN

仕事:ロサンゼルス市電力局

チーム名:なし

暴走族カスタムのきっかけ:カリフォルニア州には暴走族カスタムのバイクがなかった。そこで家に20年以上放置されていた、バイクを今のようにカスタムした

愛車:SUZUKI GS750E

来日予定:今年はMOONEYESのHot Rod Custom Showを見に、横浜に行くぜ!

好きなモノ:音楽、そしてロックが大好きだ!


~コメント~

アメリカでも日本の暴走族スタイルはクールなんだぜ! よくみんなに注目されてるよ

「イーッヤッッハァァァァァァァーーーー」
皆さんお気づきだとは思うが、
オーナーのCadillacさん……


めちゃめちゃロックやないか!


バイクは日本の暴走族仕様、ところがポーズはめちゃめちゃロック(笑)。しかも、ハードロックやメタル、ハードコア系が好きな人がやりそうなポーズ。ちなみに上の写真のTシャツにも『HardKore』と書かれていた。ザ・アメリカ人って感じの容姿でこの暴走族仕様の単車を乗り回していると思うとなかなか想像もつかない(笑)。一体どんな感じなのだろうか。写真を送ってくださいと話してみると「オレのインスタを見たら分かるだろ!」と、強めに言われたので少し調べてみた(笑)。


めちゃめちゃ似合うやん!
さっきの「なんか違う感」が嘘のよう(笑)。しっかりとペイントされたコルク半にサングラスに黒マスク。ガッツリ我が国の『暴走族』だ!! さらにこのコルク半、よく見てみるとペイントは『アメリカ国旗と富士日章』が描かれたデザイン。細かいところまで、日本にこだわっていることが存分に感じられる。これは日本国民としてとても嬉しいことだ。


SUZUKI・GS750E
アメリカだと250ccや400ccにはあまり乗らないのか。しかし暴走族カスタムをうまく再現できているなぁ。ヘルメットはガッツリ日本の富士日章だ! ハーレーやインディアンが人気なアメリカなら、より日本の暴走族カスタムは目を引くのではないだろうか……。


トランプにこんなことまで言わせるとは(笑)

上の写真はもちろん合成だ(笑)。アメリカ族車オーナーのCadillacさん。インスタグラムを覗いてみると自信のバイクとロックな写真ばかり(笑)。よっぽどその二つが好きなのであろう。アメリカは広い、まだまだ暴走族仕様の単車があるはずだ。i-Q JAPANはこれからも探求を続けるぞ! Cadillacさん、これからも日本の暴走族カスタムをアメリカで広め続けて下さい。ありがとうございました!!

TOP