SUZUKI GS

【GS450L】オリジナルの姿をほぼ残した「エル」は見せ場を理解した仕上げがかっこよすぎる!

まず最初に断っておきたいのが、こちらは三段シート禁止のイベントでステージ裏に置かれていたGS450L。こうして取り上げると、「会場に入れなくても撮影してくれるならワンチャンこのまま行ってみっか!」となってしまう恐れがあるので、バックステージでの撮影は今年限り。

来年以降はバックステージでの撮影は一切しませんので、皆様よろしくお願いいたします。。



CBXでもGSXでもホークでも、他車種だとアメリカンタイプは評価を得にくいところもあるが、このGSに関してはアメリカンタイプのLも人気が高い。Lを通常のGS仕様にしたり、その逆もあったりと、様々なタイプを見かけることがある。

ということで、今回ここで紹介するGS450Lだが見てわかるように“L仕様”のGSではなく純正の450。サイドカバーもあえての純正で、タンクもこのサイドカバーにもエンブレムがしっかりと残っている。



外装も逆車の純正オリジナルEラインで、よりGSみを感じさせる仕様となっている。

足回りは星キャスからセブンスターに換装。シングルディスクなのでホイールのデザイン性が強調されている。鉄メッキのフェンダーもクラシカルな雰囲気を感じさせる。



マフラーは三協オートのデュアルサイクロン。エンジンカバーのメッキともバランスが良く、あえて色身を抑えたなかでの自己主張を感じさせるパーツのひとつだ。

三段シートも幅広で分厚いベース車のデザインに合わせて重厚な仕上げ。白で見た目の軽さを演出しているのはさすがの一言だ。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-SUZUKI GS

© 2022 i-Q JAPAN