HONDA HAWK

【CB400T】経年劣化のヤレ具合でポピュラーな日章外装に個性をプラス!

この数年で市民権を得た感のある“ヤラレ仕様”だが、これを個人で仕上げようとすると、意外に難しいのだそうだ。

実際に70年代バイクのオーナーから伺った話だが、ベースとなる塗装の方法から始まって、外装の汚し方や傷つけ方。フェンダーの加工の仕方。ホイールやフレーム、シートの汚し方。すべてを統一感をもって加工しないと、ちぐはぐ感が出てしまうのだそう。


元々ヤレているバイクをイジるのは楽だが、仕様変更で“ヤラレ仕様”にしようとすると、それまで綺麗にしていた分だけヤレ感を出すのが難しいのだとか。

「できれば愛車を汚したくない」という心理的な抑制がかかる場合もあるのかもしれない。

🔻 "ヤラレ"と"ヤレ"の違いはこの記事で確認!🔻


しかし、こちらのバブはご覧の通り、かなりしっかりと手が加えられている。

まず目につくのがタンクの彩色。オイルにまみれた日章に、サビを含んだ水が流れた跡が残る演出は、なかななのアイディア。これがリアルでないのはエンブレムの綺麗さでもわかる。


ヘッドライトとウインカーには飛び石での割れ防止ガードを装着。

アイテム自体もかなりレアなパーツだが、塗装の剥がれ具合や傷などは普通に年季を感じるもの。仕様に深みを持たせているポイントといえる。



リアフェンダーや鉄メッキのラッパにも、サビの腐食やオイルの汚れが付着。すべて細工ということでもなさそうだが、この雰囲気が出せるのは、やはりセンスということになるだろう。



そして極め付きは、このフロントフェンダーとスポークホイール。ほこりと油とサビにまみれた、寂れた感じが上手く表現されている。

旗棒と、その先の日の丸のくたびれ加減も絶妙で、バイクの仕上げにかけた時間の長さとアイディアが、仕上がりからも伝わってくるようだ。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA HAWK

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN