HONDA CBX

【CBX】真っ赤なボディのスゴい奴! ネオクラシカルな赤ソリⅡ型のCBXがヤバい!

CBXをカスタムする際、タンクが赤ソリであればサイドのアルフィンやテールカウルも赤くして、フェンダーも赤に。

ここまでは定番の話。というか、赤ソリの外装を生かすにはそれ以外ちょっと考えにくいところだ。

しかしこれが三段シートも真っ赤、竹やりマフラーも、装飾品のバットや拡声器も赤、となったらどうだろう。

ちょっと目立つ存在になるんじゃないだろうか。
 
 
 

とはいえ、そこまで珍しい話かといえば、そうではないかもしれない。なかには同様の改造を施している方もいるだろう。

ただし、これがベースがⅡ型で、となると少し話は変わってくるのではないか。

黒エンジンに黒のブーメランコムスターはⅡ型の証し。塗装や換装でⅡ型仕様にするケースもあるが、こちらはフレームからエンジンから正真正銘のⅡ型。そこにあえての赤ソリッドを載せて、他のパーツも全部赤に揃えているというのが面白い。
 
 
 


フロント周りはピヨピヨ付きのヘッドライトにドッカン風防のスタイル。たれのテンションの持たせ方、スクリーンの曲げなどにオーナー氏のバイク乗りとしてのキャリアを感じることができる。
 
 
 

そして仕様としての一番のポイントがエバハン。ハリケーン製なのでエバハンといっていいかはわからないが、絞ったりグリップ部分を大きく曲げたりという加工を行っていることが多く「これぞ!」という装着の仕方がいい。

特にCBXの場合、ハンドルを伸ばすにしてもCBの750ハンや1000ハンに換装することが多いため、ザ・エバハンスタイルは特に印象が強くなる。
 
 
 

デイトナのスタビライザー、アールズのオイルクーラーなども装着し、マシンとしての完成が高いところもポイントだ。

-HONDA CBX

Translate »

© 2024 愛旧ジャパン(i-Q JAPAN)|旧車會・カスタムバイク専門WEBマガジン