HONDA CBX

【CB】CBがCBXでCBXがCBで?外装の発想が自由すぎるバブがヤバすぎた!【CBX】

2024年2月4日

カスタム手法の自由さで知られるバブ。TからN、そしてD(スーパーホーク)という3世代のアイテムを比較的高い自由度で組み合わせることができる、という意味での自由度から、スズキの星キャスや金玉テールを装着するといった他社パーツとの親和性の高さまで、“融通が利く”のがバブの面白さでもある。
 
 
 

とはいえ、こんなバブは今まで見たことない! との声が集まりそうなのがこちらのホークⅡだ。

なんとバブにCBX400Fの外装が載っている!

CBXは言わずもがな、CB400の後継機。同じCBの流れをくむホンダ中型バイクの保守本流同士ということもあるが、なにより族車としての人気が高い車種同士でもある。
 
 
 

某ショップの方いわく、タンクはフレーム側を加工すれば装着できないことはないのだそうだ。しかし、サイドカバーやテールカウルはフレームの形状によるところも大きいのでポン付けどころか加工しても装着するのは大変なのだという。

実際、どこまで加工したのかは不明だが、その裏側はあえて触れないのが正解ではないか。この見た目のインパクトの裏側に何があるのか、知ったところで真似することもないだろうから。

やはり2気筒のメガホンマフラーとこのプレスラインのきいた外装の違和感は半端ではないが、特にエンジンやマフラーは、特にCBXに寄せに行っていないのも面白い。
 
 
 

バブにCBX外装が載っているだけで注目度は上がるのだが、外装のデザインにも注目。ラメ外装の上から青と黒のグラデーションの効いた3本巻きになっているが、刺青の額を思わせるカラーリングとデザインも秀逸。

車体がCBXだったとしても目を引く存在だったのは間違いない。

-HONDA CBX

Translate »

© 2024 i-Q JAPAN|旧車會・カスタムバイク専門WEBマガジン