SUZUKI GSX&GT

【GSX400E】旧車會仕様なのに街乗りもできるカタナは細部の具合もヤバかった!

昭和の中型バイクを駆るオーナーは、そのスタイルが大きく2つのパターンに分類されると思われる。

いわゆる絶版車仕様旧車會仕様だ。

素材としてのバイクの良さを生かした絶版車仕様に対し、旧車會仕様は三段シートやアップハンを加えて仕上げるのがポピュラーだろう。

ただし、一部では三段シートを装着せずとも旧車會仕様としての仕上げを行う、ハイブリットなバイクも存在する。
 
 
 

こちらのカタナはまさにその好例で、シートこそノーマルな純正シートではあるが、随所の作りには思わず唸るポイントが山積みされている。

まずは足回り。純正の星キャスからセブンスターに履き替え、フロントはダブルディスク化を施した。面白いのが、ダブルディスク化しているが、右側のブレーキディスクは飾りになっている点。メッキのボトムケースも合わせて、スタイルの良さが際立っている
 
 
 

エンジン回りはエンジンカバーをメッキに。個性あふれるキャブのカバーも特徴的だが、カタナには珍しいアンダーカバーを装着したところもポイントだろう。

純正アイテムではないが、純正のベースカラーとトーンを合わせたカラーリングも個性を際立たせるのにひと役買っている
 
 
 

そしてこのカタナの印象を決定づけているのが、三協オートのデュアルサイクロン。旧車會の吸い込み系バイクオーナーからは絶大な人気を誇るヒット作で、見た目のワルさと実際のエキゾーストが、ただの絶版車仕様を感じさせないオトナの不良バイクを演出している。

そもそも、ベースカラーも当時の暴走族から最も高い支持を得ていた黒✕赤のツートン。そこに純正でゴールドが加わっているのだから、見た目が悪いわけがない。

-SUZUKI GSX&GT

Translate »

© 2024 i-Q JAPAN|旧車會・カスタムバイク専門WEBマガジン