バイク 単車&暴走族 SUZUKI GS

【GS400L】伝統のスタイルで仕上げた人気の“エル”がサラッと大人でカッコよすぎた!

2024年5月31日

旧車會では人気車種のひとつでもあるGS400L。通常のGSやサンパチを経由したオーナーが多く、したがってバイクカスタムについても手法や技法についての知識を持っている方が多い。

要するに、“エル”にはカッコいい仕様が多い、ということだ。
 
 
 

こちらの“エル”も一見シンプルながら、随所に目を引くカスタムを加えている

外装は銀ラメベースの“のの字”外装。GSならではの定番スタイルで、この“エル”はカラーリングのグラデーションとラインの強弱が大人。タンク、サイドカバー、フルカウルと三か所に同様のラインを取り入れているのだが、フルカウル側面のフチ取りラインが非常に洒落ている

さらにブレ止めで走行中のガタつきを防ぐと同時に、ウインカーも埋め込んでデザイン的に処理しているのもシャレている。
 
 
 

足回りはスポークのホイールに換装。さらにダブルディスクでルックスと操作性をアップさせた。スポークホイールのメリットは軽量とショックの吸収性。上下の動きがあるような車両には適性が高い。

リアサスはオーリンズ、スイングアームとトルクロットはウエダレーシングのパーツを着用。そしてマフラーは三協オートの八木スペシャルを採用という、ある意味フル装備となっている。
 
 
 

そして各所に全日本麗心愚連盟のアイコンが描かれているのもポイントのひとつ。フルカウルの耳部分やポイントカバー、そしてスピーカーなど、目立つ個所にトレードマークが入っている。おそらく現役当時の矜持を示したもので、単なるワンポイントではなさそうだ。

-バイク, 単車&暴走族, SUZUKI GS
-,

Translate »

© 2024 愛旧ジャパン(i-Q JAPAN)|旧車會・カスタムバイク専門WEBマガジン