未分類 SUZUKI GS

【GS400L】純正シートが不自然すぎる笑!やりきっている“エル”が美麗すぎた!

旧車會にあっても、GS400L、通称“エル”は一目置かれる存在。同じGSでもベースはアメリカンで、タンクやサイドカバーなど所々のパーツは独自のアイテムが用いられており、そのちょっとした差異が注目されるポイントなのだろう。

フレームやエンジン自体はGSなので、全体的にはGSながら実は“エル”という仕様も、サンパチなどを外装やデザインをアレンジして“エル”風に仕上げる仕様も、いずれも人気だ。
 
 
 

そしてこちらのGSは、シートの形状やサイドカバーなどからもソレと分かる“エル”。

ラメベースのキャンディー外装で、内側にボカシが入ったブルー系の“のの字”外装はカラーのチョイスも絶妙で、サイドカバーのカラーリングにも手を抜かない大人な仕上げ。ちゃんとエンブレムを装着しているのもポイントだろう。
 
 
 

足回りはHリムのスポークホイールにフローティングディスクを前後トリプルで装着。そしてキャリパーはブレンボ。しかもフロントのサスはGSXのダブルアンチで、リアのスイングアームはウエダレーシング製と、こちらもかなり手が込んでいる。
 
 
 

エンジン回りもカバーをバフ掛けしてシリンダー部は赤と黒に塗り分け。そしてフィンパーツやバーはゴールドと、多色使いならがもまとまりのある色使いがシブい。
 
 
 

さらにメッキのマフラーやSP忠男のスイングアームなど、本当に随所に手抜かりがない、手間暇をかけた仕上がりとなっている。

そうなってくると、このノーマルのシートが“悪目立ち”してくる。

おそらく、普段はこうした絶版車系のイベントには参加できないタイプのシートを装着しているものと思われる。“通常運行”の姿も見てみたいものだ。

 

\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-未分類, SUZUKI GS

Translate »

© 2024 i-Q JAPAN|旧車會・カスタムバイク専門WEBマガジン