250cc

【JADE】CBXライクな姿でやり込んだジェイドの攻めた姿勢がカッコいい!

ジェイドの魅力は、なんといってもCBXライクなそのルックス。さすがにインボードリング&ブーメランコムスターの足回りまでは難しいが、タンクやシート、リアビューなど、ホンダのバイク史上、1,2を争う人気車種のスタイルをこれでもかと踏襲したそのスタイルには、敬意すら覚える。

そう考えると、やはりジェイドは「CBXライク」で仕上げるのが王道だろう。純正のように仕上げていく、というのもひとつの手法だが、「CBXをカスタムするような雰囲気でイジる」というやり方が、最も合っているのではないか。

もちろん、自由意思で思うがままに仕上げることになんの問題もないし、これを否定するものではないが、一番の近道であり“しっくりくる”のはCBXの手法に沿った仕上げだろう




そういう意味では、このジェイドの仕上げ方はなかなか堂に入っている。

フロントフェンダーやサイドのアルフィン、テールカウルなどにBEETのパーツを用いているところから、まずCBX。外装を黒×金のツートンで塗り分け、タンクはゴールドの三本巻きに。




当然、純正にはない色の組み合わせだが、550風の三本巻きはCBXの後継としての雰囲気が出ている。三段シートもボディに合わせて黒と金の組み合わせ。ライトもマーシャルのフォグで全体のコントラストを合わせている。




そして右のリアには6連のラッパ、左のリアには回転灯が据え付けられていて、ライトにはピヨピヨ、そして風防は地面と水平なドッカン風防。旗棒には日章旗が括りつけられていて、現役感もたっぷり。

CBXライクでありつつ、攻めた現役風仕様が現行車・ジェイドの真骨頂といえる




\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-250cc

© 2021 i-Q JAPAN