単車&暴走族関連記事

【JADE】ライク・ア・CBXの最右翼はフォルムもCBX400Fに激近!

誰彼構わず乗れるバイクじゃなくなってしまったCBX400F。だが、CBXみたいなバイクに乗りたい、という欲求を満たしてくれるバイクが、ホンダにはあった!

1980年に入ってすぐ、CBX400Fが登場したように、平成に入ってすぐゼファーが登場することで、バイク業界に“ネイキット”の一大ブームが巻き起こった。

レーサーレプリカが全盛の時代にあって、あえて華美な装飾パーツを一切取り払ったゼファーの登場はそれだけインパクトが強かった。

のちにヤマハからはXJRが登場し、スズキはインパルスなどで対応。そしてホンダが市場に投入したのが、250㏄の4気筒バイク、ジェイドだった。

シルエットを見たものの誰もが思うこと、それが「CBXと似てるねぇ~!」だった。

もちろん排気量も違えば、ハンドルやホイールなどの仕様も違う。見分けがつかないか、といわれたら一目でCBX400FとJADEの区別はつくが、逆にここまで“寄せた”こと自体がスゴいことだろう。

ライク・ア・CBXであっても、バイクとしてのポテンシャルはさすがホンダというべきもの。最近は、中古車価格も右肩上がりだという。

こちらのJADEも、遠目にはCBX。本家でもよく見られる3本巻きのライン外装は、ベースがソリッドレッドでラインはブルーをぼかして入れている、なかなかオシャレなもの。全体にラメを吹いているので、晴れた日にはキラッキラになる。

サイドカバーをアルフィンに、テールカウルをBEET風の羽根付きにして、テールはCBX用をチョイス。フロントフェンダーもBEETのサイドメッシュとなれば、これはもうほぼCBXだ(!?)

さらには風防&パイプハンでワルいルックスをゲット。よく見るとワンズアンドエム製の軽スロ&Xホルダー3を装着していて、コールに対しての意識も感じさせられる。

ああだこうだと言ってくるオジサンもいそうだが、そんなものは軽く受け流して旧車バイクを楽しんでいただきたい。基本、カスタムは本人が楽しければそれでいいのだから。

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-単車&暴走族関連記事
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN