【コール×プロミュージシャン】話題騒然のコラボがフルバージョンを公開中【工藝族車】

2021/03/01

COLUMN

旬ネタ&速報

以前にもお伝えした旧車會のコールとプロミュージシャンのコラボレーション映像のフルバージョンが解禁! 両者がスイングしていく過程や、それが見事にハマっていく状況が見て取れる、とても興味深い作品に仕上がっている。最後には思わぬ珍客も!? まずは作品を確認して欲しい!
新河岸旧車會所属のコールマン・アツシさんと、KIRIHITOのドラマー早川俊介氏によるコラボ映像のフルバージョンが、先日公開された。




アツシさんといえば、旧車會のサーキットイベント『旧極』で開催されたコールコンテストの吸い込み部門で優勝を果たした、注目の若手コールマン。




対する早川氏はカルト人気を誇る音楽ユニットKIRIHITOでドラムを担当するプロミュージシャン。

“リズム”という共通項でつながった両者のコラボは、ショートムービーでもかなり話題となった。




ショートムービー公開時の記事がこちら

【工藝族車】アートなCBX400Fが真鍮の竹やりマフラー装着でプロミュージシャンとコラボだと⁉

フルバージョンの公開で明らかになったのは、両者の詳細なやりとり。

言葉を交えてはいるが、実際の音で互いの意思を交換していく姿には、コールマンの「ミュージシャンとしての資質」が感じられる。

ドラムといえば、バンド内ではベースとなるリズムを管理する重要なパート。コールを切る側もリズムキープが必須となることもよく分かる。

コール側でリズムキープができているので、ドラムが自由に動き回る姿は感動すら覚えるもの。あつしさんのコールをベースに、自由に動き回る早川氏のドラミングは必見だ





両者とも納得のいくプレイができたところで、セッションは終了。そしてラストには、意外な訪問者がやってくる。いったい誰がやってくるのか!? 最後まで目が離せない。



YouTubeで公開中のフルバージョン





執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP