バイク一覧 SUZUKI GSX&GT 単車&暴走族関連記事

【フルカスタム】グリーンラメ単色外装のGSX250E刀が醸し出す圧が…なんかスゲぇ!

2021年2月28日

エメラルドグリーンのラメ外装をまとったGSX250刀の細部をしっかり眺めてみたら……あまりのやり込み具合に驚いた! 違和感の正体はコレだったのか!

単色の外装というと、パッと思い浮かぶのがCBX400Fの赤ソリ。さらにその先輩格となるCB400four通称ヨンフォアの408㏄にも、赤ソリと青ソリがあった。あとはZ400FXにも赤ソリがあったような。

それ以外のバイクで純正の単色外装となると……少なくとも、旧車會イベントに参加するタイプのバイクでは、あまり記憶にない。

それくらい、バイクの外装は複数の色を用いるのがスタンダード。ラインや塗り分けでバイクの個性を演出するのが通例だ。

旧車會仕様の外装も同様で、オリジナル・パターンの外装をカスタムする場合でも2色以上の塗料を使うのは、むしろ普通のことだと言っても過言ではない。


そういう意味合いでいくと、このGSX250E刀はかなり異質といっていい。ラメ入りのエメラルドグリーン単色の外装は、違和感も含めてかなり個性的。

自家塗装のバイクだと、こういった単色のカラーリングもないワケではないが、それともまた違う。違和感が、独特の雰囲気を醸し出しているのだ。


違和感という意味では、バイク全体のカスタムの精度の高さからも、同様の違和感を禁じざるを得ない。

塗りの星キャスホイールにフロントはダブルディスク化、リアもディスク化し、トリプルディスクに。レース用スイングアーム&トルクロッドにマルゾッキのリアショック、そしてブレンボのキャリパーまで組み込んでいる。

さらにエンジンカバーとカムカバーはメッキ。シリンダーも赤と黒に塗り分けている。極めつけはアルミのハス切りマフラー装着と、正直GS400でもここまで仕上っている車体を見る機会はめったにないのではないだろうか。


ビタローニのバックミラーも、あまり見かけないミラーステーが付いていたりと、とにかくやり込み具合がハンパじゃない。

今なら黒のカッティングシートを市松模様で貼り付けたら、とたんに流行りっぽくなるんだけど……たぶんそういうコトではないんだろうなあ笑。

▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【チバラギ】お宝バイクCBXで仕上げた正統派ブチアゲが驚くほど王道だった!【旧車會】

【不良のバイク!】細かい部分にワルさがにじみ出るGSXが雰囲気だし過ぎでヤバい

【RZ250】2stならでは!ヤバすぎる存在感の集合チャンバーを装着したRZ

【CBX400F】日本人のDNAに訴える配色でCBXが映える!【ファイヤー】

【【ZXR】黒で統一された車体!こいつは映画で一躍有名になった「あの仕様」では!?

▼関連動画はこちら

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-バイク一覧, SUZUKI GSX&GT, 単車&暴走族関連記事
-, , , , , , , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN