【GS400】色と形を重視!潮風の街のGSに大人のセクシーを感じた!

2021/04/22

COLUMN

単車&暴走族関連記事

音がデカくて暴力的な音色を響かせるGSだが、楽しみ方はひとつじゃない。ルックスの部分により重きを置いて仕上げると、普段とは違った姿が見えてくることもある。
エキゾースト音のデカさはやはり目をみはるGS400だが、その一方で丸みを帯びた曲線の連続によって構成されるルックスは女性的とも言われるくらい美しいもの。

タンクやサイドカバーにもプレスラインがないので、どんな外装デザインでも思いどおりの表現が可能。GSにファイヤーパターンの外装が多いのも、そのためだろう。




こちらのGSは、タンク表面の丸みを活かせるE2ラインを使って全体を仕上げた。ボカシたピンクをまといつつ、ライン自体は白のフチがついた赤を採用。フチ取りの内側にラップ塗装を施すというシャレた小技をきかせている。




この独特なラインを活かすため、サイドカバーもあえてアルフィンではなく純正タイプを装着して塗装面を拡大。車種名を加えてポイントを作った。フロントフェンダーも同様の理由でトンガリではなくBEETのサイドメッシュを装着して側面からの見た目にインパクトを持たせた。インパクトといえば、メーター級の三段シートも迫力満点だ。





ラインに合わせて、フレームやボトムケース、スイングアームやエンジンのカバー類を赤でペイント。エンジン全体は黒で塗装しているので、車体とのコントラスト、フレームとエンジンとのコントラストも強くなる分、メリハリが効いたシャープな印象を与えている。

星キャスは側面だけ赤で塗装した白塗りに。潮風に晒される街を走るバイクらしい仕様となっている。


ただいまGSX250E&50点の旧車會アイテムをプレゼント中!

【賞品がスゴい】スマホに保存した画像を送るだけでGSX250E&超豪華賞品が当たるイベントはコチラ!!


▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【GS400】色使いが絶妙!前代未聞の組み合わせで異次元の仕上りに【ブチアゲ】

【CBR400F】Tiffanyレーシングのブチアゲ!旧栃参戦の裏側にはこんなドラマがあった

【CB250T】”あのキャラクター”の世界観を見事に表現したバブ!【旧栃2020】

【富士日章】スペシャル感たっぷり!二段風防のRZ350から目が離せない!

【GT380】北関東では知られたサンパチがシブすぎるんだが!【溢れる愛】




▼GS400関連の動画をチェック!





執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP