HONDA CBX 単車&暴走族関連記事

【CBX400F】2色ですべてを表現しきった赤ソリCBXが潔くてかっこいい!

CBXには純正カラーをベースにしたカスタムの手法がいくつもある。そのなかで、こんなスタイルのカスタムもある! これは簡単なようでかなりのセンスを要する技法なのだった!

ホンダのバイクにとってソリッドレッドというカラーは特別な意味合いがあるのではないか。

日本で最初の並列4気筒エンジンを搭載したCB750を発売以降、ホンダの保守本流となった「CB」という“ブランド”のなかでも、中型バイクのシリーズでこのソリッドレッドが使用されてるのはCb400Four・通称ヨンフォアや、当時の売上記録を塗り替えたCBX400F、その後のロングランセラー・バイクとなったCB400スーパーフォアなど、エポックメイキングなバイクには、この“赤ソリ”がラインナップに組み込まれている。「正当な後継者」にのみ、受け継がれているかのようだ。

それ故か、CBXオーナーにもこの“赤ソリ”を好む方は多い。たまたま・・・というのではなく、積極的に“赤ソリ”をチョイスしているのだ。






このCBXは、そんな“赤ソリ”のイメージを最大限にまで増幅させたものだ。赤×白や青×白とはまた違った位置に配された「HONDA」のロゴが入ったタンクやアルフィンのサイドカバー、BEETのテールカウルと、本来“赤ソリ”であるべき箇所はどこも赤で塗装されている。

もちろんそれだけであれば、わざわざ取り上げることもないのだが、こちらのCBXは赤の領域を最大限にまで拡大させているのがスゴい。






塗装できるスペースは、ほぼ塗っているんじゃないだろうか。たとえばフロントの足回りはボトムケース、フロントフェンダー、タイヤ(リム)、ブーメランコムスター、インボードリングケース、そしてカバーと、ひとつひとつが互い違いになっていて、赤と黒の領域が重ならないようになっているが、これはそれこそのセンスが必要になるもの。

よくよく見てみると、フレーム、エンジン、2種類のカバー、スイングアーム、拡声器などの、隣接するパーツがどれも色被りしていないのがスゴい。単純な2色ペイントじゃないのだ。




ハンドルのグリップやコードも赤で揃えたり、三段シートも外装同色で揃えたりと、各所のパーツにも工夫がされていて、見どころは尽きない





\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA CBX, 単車&暴走族関連記事
-, , , ,

© 2021 i-Q JAPAN