SUZUKI GS

【夢】もしも湘南爆走族の江口洋助が大人になるまでGSに乗っていたら⁉

あこがれ80年代生まれなら、ギリギリ伝わるだろうか。60年代だったら説明の必要はいらないだろう。このファイヤーパターンを見ただけでどういったモチーフなのかは理解できるはず。

日本で最初の暴走族マンガ『湘南爆走族』の主人公・江口洋助のGS400だ

旧車會でのファイヤーパターンはタンク前面を覆うような、前から後部へと流れていくデザインが主流。しかし江口のGSは下から上へ、燃え盛るようなデザインが特徴的だ。




そのファイヤーパターンを完コピした上で、本家とは違ったキャンディーピンクが印象的なスタイルに仕上げたこちらのGS。さらにはフルカウルを装着してハンドルはセパハン、シートも三段ではなくタックロールと、様々な箇所に独自のアレンジが加えられている

それもそのはず、こちらのGSはコンセプトが『江口が大人になったらどんなGSに乗っているのか?』という疑問を元にカスタマイズされているからだ。




オーナーのずっくんさんは、子どものころから“湘爆”が大好き。それも江口が大好きだった。自分が大人になったとき、「そういえば江口はどんな大人になって、どんなバイクに乗っているんだろう?」という疑問が湧いてきた。

その答えを探しているうちに、「想像するより実物を仕上げてみよう!」となったようだ。江口への憧れもあってか、元より自身でもGSは所有していた。これをベースに“令和の湘爆GS”を仕上げていったわけだ。




“大人”という部分を意識してフルカウルを装着し、ハンドルはセパハン。シートも三段ではなくタックロールと、コンセプトに合ったアレンジを加えて変化を与えている。

ソリッドではなく、ラメベースのキャンディーカラーで塗装したのもそのため。「大人になったらこのくらいの変化は加えるだろう」ということだ。




大人のGSだから、装着パーツも当時物。あとから購入したのではなく、当時から持っていたものが時を経て当時物になってしまった、という感覚で、セブンスターキャストホイールもウエダのスイングアームも当時物。
防犯上の理由から画像は割愛するが、スイングアームはかなり若い数字のロットナンバーも入っていた

さらにマフラーはマニア垂涎ヨシムラのノーカット。ウインカーもイノウエのストロングと、レアパーツがてんこ盛りだ。




そのこだわりから、ペイントは湘南からもほど近い神奈川の名門・キャンディライフに依頼。仕上げも神奈川の某ショップで依頼と、どこまでいっても破綻のない江口仕様は、憧れに対する愛情の結実でもある。




\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GS

© 2022 i-Q JAPAN