HONDA HAWK

ここまでスゴいの見たことある!?全身フルメッキのバブが銀ギラ!

2021年12月24日

バブは本当に許容範囲が広いバイクで、ワイルドな仕様でもキレイめなカフェ風カスタムでも、それなりに形にまとまってしまう。決して悪い意味ではなく、カスタムベースとしての優秀さを物語る逸話だ。

初代が発売された頃は、「おじさんバイク」とまで呼ばれた“攻めないシンプルさ”が、どんなスタイルにも対応できるオールマイティーな対応力になったのだろう。

とはいえ、ここまでの個性を引き出しているのは、やはり驚き。“これぞフルメッキ”というくらいのフルメッキを施したホーク2のお出ましだ。




ホークといえば5本スポークだが、コムスターではなくハヤシのキャストホイール。ハヤシのキャストを履かせているバブなど、そうそうお目にかかれない。

ダブルディスクにブレンボのキャリパーを装着しているが、ここにもメッキが施されている




サイドカバーは中心に「HAWKⅡ」のロゴが形成された、フルオリジナルのアルフィン。文字のなかにはクリスタルが埋め込まれている。

金型から独自に作成した一点ものだが、この金型代が意外に高額。正直、コストパフォーマンスはかなり悪いのでおススメできないが、それ相応のインパクトがある。




エンジンのカバー類、スイングアーム、そしてマルゾッキのリアショックなどのパーツもすべてメッキ。このあたりのビカビカ感はすごい。




徹底しているのはハンドルのグリップや三段シートなども、しっかりシルバーで統一しているところ。三段シートは生地から選んでこのカラーをチョイス。ウインカーやヘッドライトはあえてのクリア。この風防はステチューンで飾っているが、サイズや形をしっかり計算して仕上げている




メッキへのこだわりが凄いのは見てのとおりだが、装着パーツのチョイスの確かさや、全体のバランスの良さがしっかりしているのは触れておかなければいけない点。風防の曲げ具合やハンドルとのバランスなど、メッキでなくとも評価されるべきバイクだろう




\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA HAWK

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN