HONDA HAWK

ホンダ中型の保守本流といえばこのカラー!バブがヨンフォアに!

レースなどでも使用しているが、ホンダといえば「トリコロール」が有名。様々なバイクにトリコロールカラーは採用されているが、こと400㏄の中型バイクに限ると「赤」には特別な意味合いを感じずにはいられない。

今でも評価の高いCB400Four、通称ヨンフォアは初期・後期ともにソリッドレッドが用意されていて、二代あとのCBX400Fにもツートンの2パターンに加えてこのソリッドレッドがラインナップに加えられていた。




それが、間をつなぐホークのシリーズにはこのソリッドレッド単色のパターンは、ついぞ用意されることはなかったのだ。

もちろん、やかんタンクだった250㏄のラッパラインに赤はあったし、その後の中部限定カラーやスーパーホークのRにもこのソリッドレッドは使用されていた。

ホンダにとってソリッドレッドが重要なカラーだということにはかわりはないが、ソリッドレッドのバブだけはない。




ないなら作ってしまおう、というのがこちらのバブだ。

使用した塗料はヨンフォアの純正色で、これでタンクとカウルを着色。サイドカバーはあえてアルフィンなどを使わず純正カバーにして、黒で塗装することで398㏄の後期ヨンフォアを表現している。




ラインや図案を加えていない分、シンプルに見えるが、それでも分かる人には分かってもらえるようで、「面白いことしてますね」とこえをかけられることも少なくないという。




塗装はシンプルでも作り上げるシルエットは、決してシンプルではない厳つさも併せ持っている。

アップめにセットしたフルカウルに、茨城西部ではポピュラーな拳2個分の幅しかない絞りのアップハン、通称・県西ハン、そして約70センチ延長の三段シートと、なかなかのワルさ。




テールランプもバブ用ではなく当時物のヨンフォア風テールを使用したりと、細部にまで気を配っているのが分かる仕様となっている。



\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA HAWK

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN