旬ネタ&速報 単車&暴走族関連記事

【青空集改】会場パンパン!旧車祭りBLUE SKY MEETINGの気になるバイクをチェック!

『BLUESKY MEETING 青空集改in姫路』
期日:2021年3月7日(日曜日)
会場:兵庫県姫路市本町大手前公園68番地 大手前公園
時間:8:00  一般入場開始
   10:00 開会式
   15:00 閉会式
   16:00 完全閉鎖
料金:駐輪場代 1000円
   入場   無料
[adrotate banner="5"]

姫路城下に旧車が集う! 今や関西随一の旧車バイクイベントとの評価もある『青空集改~BLUE SKY MEETING~』が、3月7日(日)に姫路城下の大手前公園で、今年も盛大に開催された。



コロナ禍のなかでの開催とあって、一般参加数も読めない状況ではあったのですが……


超満員!


限定1000台のイベントだったが、会場に入りきれないほどのバイクが集まった。




カフェレーサーもいれば族車仕様もいれば、ハーレーも原チャリもいる。 「バイク」という共通言語だけで、これだけの数が集まってしまうのだから面白い。 そして、こんなにバイクが集まってくる場所に乗り込んでくるくらいだから、みんな自分のバイクにはそれなりの自信というか、アピールポイントを持っているのもよく分かる。
テクニカルサービス本多ブース前のCBXたち。それぞれに個性があって甲乙つけがたいんだが……一番手前のⅠ型、シルバーな部分がほぼゴールドなんだが。

純正外装でコレって凄くない? 逆転の発想というか、その手があったか! という感じ。




カッコよさという意味では、こちらのカフェレーサー軍団も相当レベルが高い! 

カウルのスタイルからタンクからキャストホイールから、どのバイクもそれぞれに違っていて個性的。一台でも目を引くバイクがズラリと揃っているのがまた凄い。




こちらはLATERISWERブース前に展示されていたバイク。フロントがNSR、そしてリアがVFRの片持ちプロアームを履かせたCBXとくれば、昭和生まれはすぐにピンとくる。

そう、『湘南純愛組』の弾間龍二仕様! というか、昨年公開されたドラマ『湘南純愛組』にも登場しているんだそうだ。




こちらは総カスタム費200万円というバイクファクトリー・キッタンのZ750RS。タンクを黒からガンメタへのグラデーションにしていたり、BEETのバックステップやマフラーを装着していたりと、細かなところを見れば見るほど手間ヒマかけて仕上げているのがわかる。




そしてこちらはオートワークスフレンズのブース前に停められていた元祖ゼッツー。サイドカバーやタンクの上部にライムグリーンの部分があるが、おそらく玉虫外装のベースが、このライムグリーンということだろう。思わぬ発見!




まだまだ紹介しきれないので、次回は会場で見つけた凄いバイク、面白いバイクを紹介します! お楽しみに!


執筆者:i-Q JAPAN編集部


[adrotate banner="5"]

-旬ネタ&速報, 単車&暴走族関連記事
-, , , , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN