投稿

【CBR400F】妖艶なファイヤーパターンが個性満点のCBR400Fを発見!

旧車會仕様のバイクではおなじみとも言えるファイヤーパターン。断トツと言っていい人気の高さを誇るカラーリングはその名の通り炎を模したものだけにレッドやオレンジなど、いわゆる暖色の色合いが多いが、こちらのCBR400Fはそうした人気のファイヤーパターンの組み合わせを工夫することで、一味違った仕上がりに。
 
 
 

ペイントショップ「ナックルライン」にオーダーして仕上げてもらったカラーリングはシルバーをベースにパープル×イエローというどこか妖艶で個性満点のファイヤーパターンの組み合わせ。このカラーリングに合わせるようにフレームなどの各部はイエローに仕上げている。
 
 
 

CBR400Fでは比較的高めの位置に付けることが多いロケットカウルはイノウエのシングルを選び、あえてこの低さに調整。ヘッドライト上部に付けたピヨピヨもイエローに塗ることで統一感を出している。そしてロケットカウル横には所属チーム「RING」の名を記した。
 
 
 

フロントカウルはもちろんファイヤーパターンを踏襲。フレームやホイールをイエローにしたことで足回りはどこかポップな雰囲気に。
 
 
 

エンジン回りのカバーはBEETで揃え、マフラーはやや太めのデザインで、低音が良く伸びることでも知られるセンバツブレット管を選んだ。
 
 
 

テールはイカヅチを選び、ここにもファイヤーパターンを施し、三段シートはパープルに。妖艶な印象を与えるカラーリングだけにアクセントで飾った狐のお面もマッチしている。

シルバーベースにパープル×イエローのファイヤーパターンというオリジナリティにあふれ、センスのあるカラーリングが目立ったが、それに狐のお面をアクセントで入れたことで和風テイストも盛り込むことで、オンリーワンの仕上がりになった。

-投稿

Translate »

© 2024 i-Q JAPAN|旧車會・カスタムバイク専門WEBマガジン