【CBR400F】モノトーンが新鮮!カウルで塗装面を増やしたCBRがレーシーでカッコいい!

2021/06/04

COLUMN

単車&暴走族関連記事

角フレームに直線で構成された車体のCBR400Fは、日本のバイクがレーシーな方向に舵を切るきっかけになった分岐点ともいえる名車。タンクやサイドカバーの表面積が、それまでのバイクと比べて小さいこともあってカスタマイズには創意工夫が必要なバイクでもある。

だからなのか、CBRには良くも悪くも個性的なデザインの個体が多い。目を引くバイクが多いのだ。このCBRも、何台もバイクが並んでいる中であっても目を引く仕様になってはいないだろうか。




まず目を引くのが、外装のカラー。あえてベースに白を使っているのだが、 ソリッドな白はなかなか勇気が必要な色合いだと、某有名ペインターさんに伺ったことがある。

どんな色でも乗せることはできるが、塗装面を増やさないと物足りなく感じがちなのだそう。あまり淡い色だと、コントラストが弱くてぼんやりした印象を与えてしまうことも。




その点、このCBRは黒のチェッカー柄を用いているため目に止まりにくいなどという事態には無縁。どこにいても目立つし、発見しやすい。チェッカー柄を加えているポイントも、主張しすぎず、バランスよく収めているのも好感が持てる。

CBRの外装と言えば、必ずといっていいくらい話題に上るのがフロントのシャークエアロとアンダーカウル。塗装面を増やして重厚感を増すための措置として、広く知られた手法だ。




もちろん、こちらのCBRはどちらも装着済み。アンダーカウルはかなり大ぶりで、かつバランスもいい。

その他のシリンダーヘッドカバーやエアクリーナー、ハンドルなども白で塗装して統一感を演出。角目ライトやオイルクーラーなど、CBRらしい純正パーツを残しながら好みのバイクに仕上げているのは、さぞかし楽しいに違いない。




▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【GPz400】モチーフは『鬼滅の刃』⁉ いやこちらの方が先でした!

【XJR】デザイン力でここまで!唯一無二の新感覚外装塗装が現行車にもピッタリ!

【ゼファー】BLACK&GOLDは不良の色!手元のグリップ&クラッチにコールへの思いが!

【CBR400】カッチボリ!ハンドルをギリまで絞ったCBRがヤバい!これ運転できる?

【JADE】爆発カラー&シャークマスク!これが福岡仕様のジェイドったい!




▼CBR400F関連の動画をチェック!





執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP