HONDA CBR バイク一覧 単車&暴走族関連記事

【CBR400】カッチボリ!ハンドルをギリまで絞ったCBRがヤバい!これ運転できる?

2021年5月14日

ハンドルだけ見たら、なにか別の乗り物を操縦しているよう! カッチボリを超えた(!?)絞りのハンドルがマジでヤバすぎる! これで普通に運転しているオーナーさん凄すぎるわ!

関東ではお目にかかることも少ないが、西日本ではバイクもシャコタンにすることがある。フロントフォークとリアショックの調整で車高を落とすことは可能。四輪同様、車高を落とすことにメリットはあるが、どちらかというと見た目のインパクト重視のカスタムだ。


とはいえ、このCBR400Fのシャコタン具合はかなりインパクトがある。マフラーが車体の真下を通るタイプなので、コーナーでマフラーを擦るケースはあまりなさそうだが、ちょっとしたギャップでもマフラーに触れてしまう高さ(低さ?)だ。

この車体の低さだけみても“異形のもの”という印象は強いのだが、ハンドルを見ると、その印象は一層強くなる。


ロボハンが、ほぼ左右平行に取り付けられているのだ。

アップハンを左右が水平になるくらいまで絞ったハンドルを「カッチボリ(カッ絞り)」というが、このアップハンよりも、テールエンドが上向きになった鬼ハンよりも、ハンドルとしては握りにくいはず。

しかも、ブレーキやクラッチのレバーが横側に付いているので、握りにくさはさらにアップする。一度、自身で握る形だけ作ってみてほしい。手首が固い方なら、手首の小指側がミシミシいうはずだ。


絞ったハンドルは「車列の間をすり抜けやすい」というメリットがあるのと同時に「運転しにくそうなバイクをいとも簡単に転がす」という見栄にもつながるもの。

メリット・デメリットだけで語れるものではないが、それにしても凄い。


外装はレインボーラメにキャンディーブラックを乗せて、イエローのラインでフチ取り。日陰や暗所ではさほど気付かないが、直射日光やヘッドライトなど、強い光が当たった際にはギラギラに輝く二面性が面白い。上向きにセットしたフルカウルに、オーナー氏の出身地・福岡のテイストを感じさせる

あえての純正サイドカバーは、塗装面を大きく取るためのもの。チームの象徴でもある星のマークを側面に入れるには、このサイズが必要だったのだ!

▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【凱旋帰国】逆車をそのまま旧車會仕様に改造した450Nがスゴい!

【GT380】三段シートの高さに惑わされてはいけない!通なサンパチがシブすぎた!

【XJR400】現役感たっぷり!夜の街道もお似合いの男前バイク【現行車】

【日章】正月にピッタリ!?昇る朝日を感じさせるCBX400Fがめでたい!!【旭日】

【GS400E】上品でシックなゴールドをまとったGSが隠し持った秘密が衝撃過ぎた

▼CBR400F関連の動画をチェック!

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-HONDA CBR, バイク一覧, 単車&暴走族関連記事

© 2022 i-Q JAPAN