【GPz400】モチーフは『鬼滅の刃』⁉ いやこちらの方が先でした!

2021/05/26

COLUMN

単車&暴走族関連記事

人気のアニメ『鬼滅の刃』に寄せた!?と思われたGPz400が、実はかなりマニアックなパーツを付けたコアなカフェレーサーだった!
キーワードとして「緑」「市松模様」に「アニメ」を付けて検索すると、真っ先に出てくるのがアニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎。炭治郎のトレードマークともいえる“はっぴ”の柄が、緑と黒の市松模様だった。

それで、主人公の顔やロゴは出ていなくても、緑の市松模様であれば無条件に『鬼滅の刃』をイメージするという方は無数にいる。





その「緑」と「市松模様」をバイクの外装に取り入れているのが、こちらのカワサキGPz400。よく見ると市松模様自体は白黒で、その周囲を取り巻くようにグリーンの縁どりが加えれれている。

元々、ライムグリーンはカワサキのイメージカラーで、白黒の市松模様は英語で「チェッカーフラッグ」だから、外装パターンに盛り込まれていても不思議じゃない。

オーナー氏に伺ってみたところ、バイクは『鬼滅の刃』が少年ジャンプで連載を始める何年も前から所有していたということで、別段気にする様子も見られなかった。





バイクのスタイルはシングルシートのカフェレーサーで、装着パーツはもかなりマニアック。キャストホイールの間を両面からふさぐプレートや、フロントフェンダーにはエアロシャーク、BEETのプロポジションやFCRの直キャブなど、走行性能を上げるアイテムの数々がさりげなく装着されている。





アルフィンカバーの隙間からウオタニのフルパワーキットも顔をのぞかせるなど、走りに特化したアイテムには尽力を惜しんでいない。

ただし、ヘッドライトをアップして、ハンドルもコールが切りやすそうなポジションにセットしたもの。この辺のバランス感覚が独特で面白い。


▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【チバラギ】お宝バイクCBXで仕上げた正統派ブチアゲが驚くほど王道だった!【旧車會】

【激シブ】派手じゃなくとも耳目を集めるのが大人!!お手本にしたいGS400

【ペケジェイ】最近各所で注目のXJ400の“どヤンキー”具合がワルすぎる!

【GT380】三段シートの高さに惑わされてはいけない!通なサンパチがシブすぎた!

【ZXR】バブル末期にカスタム派スゼインの的となった塗装がガチのマジでスゴかった!




▼旧車會の関連動画をチェック!



執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP