【逮捕】人をイメージだけで捉えた男の末路が悲惨すぎた【暴走】

2020/11/15

COLUMN

旬ネタ&速報

これは久々にみるダサいニュース。色々な教訓を含んでいるので、ぜひ目を通していただきたい!
「人を見た目で判断してはいけません」

小学校の頃、女の先生が教えてくれた。

そうありたい、とは思う。ただ、はき違えてはいけない。これは努力目標であって、真理ではない。

人は見た目で判断する。

偏見、といってもいいかもしれないが、むしろ人は見た目で判断されたがる生き物だから、それ自体が完全に悪いこととも言い切れない。




KSB 5chより引用

ただ、その偏見が取り返しのつかない結果を招くことがある。


「暴走バイクがいる!」


と通報したら、まさかの自分が検挙されるという事件が起こった。




KSB 5chより引用

岡山県の市道で、バイクに対する妨害運転をしたとして、20代男性が検挙された。

バイク2台の排気音が大きいことに腹を立て、約200メートルにわたって軽自動車であおり運転を繰り返し、バイクの走行を妨害した疑い。


男が「暴走バイクがいる」と通報し、警察が男の車のドライブレコーダーを解析したところ、妨害運転していたことが分かり、検挙しました。






見た目だけでバイク乗りを“暴走族”と判断し、執拗に追い回した結果、相手方はまったくなにも違反はなかった。


反対に、自身のあおり運転がドラレコに映ってしまっていたという訳だ。


暴走族風の見た目のバイク乗りより、正義を振りかざした一般市民の方が、よっぽど悪質だったというお話。こう言ったらなんだが、まあ、糞ダサい!




参照ページ https://news.yahoo.co.jp/articles/d8c2c25a8e5c7e94b85d494f5be85d6fe095ce23


▼「暴走バイクがいる」通報で自分が検挙 妨害運転の疑いで20代男を書類送検

TOP