旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【旧極】実に過去3度のドレコン優勝を誇るオーナーが仕上げた純正風CBXがヤバい!【episode6】

2019/09/07

EVENT

旧極

今年は純正仕様のがっつりカスタム単車が複数台出展されていたが、それぞれに趣が異なるのが面白い。そして、昭和のテイストと現代の技術がギュッと凝集されたCBXが!


オーナーは各地のドレコンで、過去3度のチャンピオンに輝いたチシオさん。車両もGS、サンパチ、CBXと、まったく趣の違う単車で他を圧倒してきた実績を持つ旧極のオーガナイザーが、現在取り組んでいるのがこちらの純正風CBXだ。


これまでは迫力あるペイントも単車カスタムのポイントのひとつだったが、今回のCBXは見た目がほぼ純正ノーマルのⅠ型仕様。そんな昭和の人気バイクに最新の技術をたっぷり盛り込んだのが、今回の出展車となるCBXだ。




ホイールはリメイクしゴールドのアルマイト加工を施している。新品並みのインボードリングの艶やかさが目を引く。




エンジンも驚きのピカピカさ。シリンダーヘッドカバーやアールズのオイルクーラーにも塗装でゴールドに。




マフラーは規制前のRPM管。希少な当時ものということがわかる年期の入り具合が伺える。なんとスイングアームもゴールドに塗装しているのだが、色合いがホイールなどとは少し変えているので立体感が感じられる。




より純正らしさが感じられるように、シートカウルも純正。そんな後姿を引き締めるのがMORIのタンデムバー。ステッカーも残っている、もちろん当時ものだ。


旧車會系イベントのドレコンは、純正風仕様はポイントが伸び難い傾向にあるといえばあるのだが、それでもこうしたしっかりと作りこんだ純正風をドレコンに送り込んだのは、王者としての余裕か、はたまたプライドか。いずれにしても、これまでの単車との振り幅がハンパではないことは確かだ。

執筆者:i-Q JAPAN編集部



TOP