旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【旧極】マニアックなCBX好きが仕上げたノーマル調CBXはすべてをイチから仕上げた!【episode6】

2019/09/05

EVENT

旧極

すべてのパーツを思い入れがある当時もので揃えたCBXは、まさに走るお宝! どれもこれも現在では入手困難なパーツばかり。これは眺めるだけでも目の保養になる!


CBXは旧車會のなかでも特別な単車なのは誰もが知るところ。改造車としての人気もさることながら、純正好き、ライトカスタム好きにも人気が高いことでも知られていている。


そんなCBX乗りが見たら、否が応でも身体が反応してしまうであろう単車が、こちらのCBXだ。




ハンドルからして珍品のO&T製。これは初めて見るという方もいるんじゃないだろうか。BEETのヒューズボックスも当時もの。




スタビライザーはゴールドカラーのデイトナ製。




スターターカバーは、こちらも希少品のJMCのレーシングカバー。クラッチカバーもレアなモリワキで、このパーツが並んでセットされている姿はまさに眼福だ。


バックステップもデイトナ製。こちらもなかなかのレアパーツだろう。リアショックはナイトロンのR2という、これまたド珍品を装着している。そしてマフラーはモリワキのフォーサイト! と思いきやサタガニ管にフォーサイトのサイレンサーを装着したもの。技あり!



シートは純正のアンコ抜き。ただ薄くするだけじゃなく、しっかり成型しているのがニクい! シートカウルは定番のBEETだが、これまた初期なのだ。


どんなパーツでも愛着があればレア度なんて関係ないのは間違いない。ただ、好きになればなるほど、知れば知るほど着けたくなるパーツが増えていくのもまた確か。そんな純粋な思いが、このCBXには詰まっている。


【車種】HONDA CBX400F
【オーナー】まえこ
【チーム】レイトライザー
【ハンドル】0&T
【マフラー】サタガニフォーサイト
【スタビライザー】デイトナ
【フロントフェンダー】BEET
【シート】純正アンコ抜き
【シートカウル】BEET
【リアショック】ナイトロンR2


執筆者:i-Q JAPAN編集部



TOP