HONDA HAWK

【ホークⅡ】カラーリングが秀逸。闇夜でも目立つ王道チューンのホークⅡ

2023年9月23日

暴走族・旧車會の花形と言えば、HONDA CBX400Fなのは間違いない。だが、その良きライバルと言える存在は同じHONDAのホークⅡだろうか。抜群のフォルムに「バブ」の愛称で知られる独特の低音サウンドは全国の不良たちの心をつかんで離さなかった。

そんなホークⅡは当然、旧車會でも不動の人気を誇るモデル。思いっきり不良仕様にチューンして個性を出すのが王道なチューニングだが……こちらのオーナー氏はホークⅡをバリバリの不良仕様にキメた。
 
 
 

レッドのラメを入れたボディカラーが眩しい外観はホイールキャスト、シートをホワイト、そしてマフラーをイエローに染め上げたことで闇夜でも目立つ仕様になっている。

赤の外装に白の三段シートをまとったホークⅡといえば、思い出されるのは湘南爆走族に登場する石川アキラのホークⅡ。風防やハンドルの具合は現代風にアレンジを加えながら、多少なりとも意識しているのは感じ取れる。

 
 
 

ホイールは純正のキャストをそのまま採用。車体のレッドの対になるよう、ホワイトカラーにすることで個性を出している。
 
 
 

マフラーはやや太めなヤシメガ2管。やはりバブにはメガホン菅がよく似合う。サイドカバーはキジマにするなど、ここでもぬかりなくチューンを施した。
 
 
 

リアには4連ラッパを装着し、シートも三段に。タンデムバーも装着するなどリア部分も欠かせないパーツを揃えた。そしてリアショックは赤テープ仕様にした。
 
 
 

ハンドルはアキラハンに。風防も備えてフロント周りもしっかりとチューンしている。

風防に三段と不良仕様な王道を貫きつつ、多彩なカラーリングで華やかに仕上げるというセンスとテクニックが光る一台。ラッパも適度に塗装が剥げているところがポイント高い。

-HONDA HAWK

Translate »

© 2023 i-Q JAPAN|旧車會・カスタムバイク専門WEBマガジン