旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【子宮疼く音楽】足立区ヤンキーラッパー『IKAZUGOKE』がここ最近で一番危険すぎる件【閲覧注意】

2017/09/16

COLUMN

カルチャー

ナックルズナイトで出会った素敵な二人組が、まさかのアーティストだったのだ。

先日『実話ナックルズナイトvol.1』の取材にお伺いしたのだが、最後のインタビューでまさかの人たちに声をかけてしまった。そのまさかとは、声をかけた女性二人組が足立区のヤンキーをテイストに加えた『ラップユニット』だったのだ! 不良、ヤンキーといえばi-Q JAPANではないか! 失礼しました、と一緒に「これはi-Q JAPANで取り上げるしかない」、そう思った。

▼足立区ヤンキー風ラッパーとの出会いを読む

【裏ネタ暴露】『実話ナックルズナイトvol.1』取材レポート|ヤンキー界の重鎮『岩橋健一郎』の絶対に公開できない写真がガチで公開できない件……

ナックルズナイトでお会いした際、彼女たちにプロモーション用CDを頂いた。会場でもかなり独特の空気感を醸し出している二人だったが、一体どんな曲を歌っているのだろう。話しかけたとき一見普通の女性二人組が、だ。「私たち、ヤンキーに憧れを抱いた30代の生き遅れなんです」と。本人たちは真剣に言ってるが、そんな人なかなかいないぞ(笑)。ちなみにアーティスト名は『IKAZUGOKE』。会社に戻り頂いたCDの曲を聴いてみた。

随分軽快なリズムのラップだ。これは普通にノリノリになれる。しかしよく聴いてみると歌詞が……かなり独特(笑)。普通の三十代なら口にしないであろう言葉のオンパレード。イイ意味でふざけまくりだ。この歌詞をガチなトーンで歌っていることに対し、シュールすぎて笑いがこみあげてくる。この感じ、二回三回と聴くたびにドンドン癖になってきた……。「マ・マ・マズイ! 自然と歌詞がぁぁぁぁぁ!!!!」。悔しいが結構覚えてしまう(笑)。こんなぶっ飛んだ音楽、絶対他にはない。最近何聴いてもピンとこない、ハマれる曲がない……。そんなあなたは絶対に『IKAZUGOKE』チェックすべきだと思う。


▲近日発売予定の1stアルバム!

アルバムのジャケットを見てほしい。二人とも『サラシ』巻いて、ドス&鉄パイプ(笑)。今の時代、本物のヤンキーでもこんな格好しないぞ(笑)。この1stアルバムは11月1日にリリース予定。詳しい内容は下記の公式ホームぺージをチェックしてくれ! ちなみに、ドス&鉄パイプは段ボール製だぞ!!



▲ちなみに背が小さいほうのボーカルさんはアウトデラックスに二度も出演しているのだ。オファーがあった理由、この写真をみれば薄っすら分かる気が……。




足立区ヤンキー風ラッパー
《IKAZUGOKKE》
公式ホームページ

~メンバー~
北村早樹子:Twitter , 公式HP

飯田華子:Twitter , 公式HP

▼関連動画



TOP