HONDA CBR

【CBR400F】絶版バイクイベントでテンションが上がるバイクといえばコレ!【中高年の星】

2022年7月1日

漫画やアニメに登場してくるバイクをリアルに制作した車両というのは、実際に見るとちょっとテンションが上がる。

最近で言えば、やはり『東京卍リベンジャーズ』でマイキーが乗っていたバブだろう。ただ、これは東京のホーク専門店『BANBAN』が提唱している“カミカゼ・スタイル”で、元々あったバイクをベースにしたもの。

完全に漫画オリジナルで、なおかつ現場で見ることがあるバイクといえば、『特攻の拓』に出てくるルシファーズ・ハンマー『湘南純愛組』に出てくるプロアームのCBXなどだろうか。



なかでも有名なのが“ハルヤマ仕様”のCBR400F。これは昭和の暴走族漫画『ホットロード』に登場してくる主人公・春山が乗っていたCBRで、明確なポイントがいくつかある。

完全体はパールホワイト外装にシートとホイールがピンク、アンダーカウルとBEETテールに加えて、これが肝心なモリワキのフォーサイト管。これにハンドルをセパハン、リアをフェンダーレスにしてウインカーを埋め込みにしたら、だいたい出来上がりだ。



これをちょっとずつアレンジするケースもあるが、シルエットはおおむねコレ。元々は少女漫画雑誌で連載していたこともあって、当時は『湘南最強のナンパバイク』だったそうだ。

フォロアーも多かったバイクのため、今でもイベントの現場に登場するとかなり注目を集める存在だ。



こちらのハルヤマ仕様は、再現度がかなり高い。パールではないが、外装も色合いもBEETテールに埋め込みウインカーも、きっちり再現している。

その上で、シートはチンチラ張りというアレンジが心憎い。防水対策もしてあるので、唯一の弱点でもある水濡れはしっかりとカバーしている。脇に刺したスケルトンブラシもいい雰囲気!



そしてマフラーはお約束のモリワキ・フォーサイト管の黒。エンドパイプの細工が特徴的なマフラーで、コール向きではないため旧車會人気はそれほどでもないがハルヤマ仕様を語る上では欠かせないアイテムだろう。

この日も、前を通った昭和生まれの方々は一様に「オッ?」という顔をしていたのが印象的。こうした文化は残していってほしいものだ。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

ボタン

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA CBR

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN