旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【旧極】”進化を止めない旧車會イベント”は今年も動員数をアップで大盛況【Episode.5】

2018/09/29

COLUMN

単車&暴走族関連記事

Q-1という、旧車會の歴史にその名を刻むイベントが静かにその幕を下ろした約1ヵ月後、同じくサーキットイベントの形態をとる『旧極』が、岡山県中山サーキットで開催された。今年は我らi-Q JAPANも取材に参戦! 当日の模様をバッチリお届けしたい。
やはり旧車會イベントはこうじゃないと!

思わず口をついて出そうになるくらい、今年の旧極は活気に溢れていた。

チケット販売の時点で1000台前後、実数としても、そう大きくは変わらないであろう台数の単車が集まっていた。

それこそ北は北海道から南は九州・福岡や佐賀・大分、さらには秋田・富山・関東各県・四国など、全国津々浦々から、単車乗りがやってきた。それどころか、海を渡って台湾からも、参加があったほど。

これだけの力が一堂に会するパワーを秘めたイベント・旧極の模様を、我らi-Q JAPANもたっぷりお届けしたい!!









全体の司会進行は今年もこの人・WINGの佐藤理人さん。軽妙な語り口はすでにプロの域。




カメラマンからは「変顔して!」とのリクエスト。恥ずかしがる男子勢をよそに、中央の女子3人組の仕上がりがハンパない(笑)!




こちらははるばる北海道から参戦! サーキットイベント、存分に楽しんでいただけたでしょうか?




i-Q JAPANでもおなじみ、旧車會系YouTuberの“なるおっさんTV”もやってきた! ひとりでスマホを片手に収録していたが、相当いい画が録れたんじゃなかろーかぁ(言いたくなるヤツ)!




関東&四国の有名人たちが集ってゴソゴソと密談……!? でもカメラを向けると爽やかな笑顔を頂戴しました。




「いやコケちゃたよー!」と、超明るく話してくれましたが……だ、大丈夫ですか?!




割と地元の方々でしょうか? 若い旧車乗りが多く訪れているのも旧極の特長ですね。




超賑やかな一団を発見! こういう明るいノリがイベントを活気づけてくれるのです。




こちらは秋田から、なんと陸走で参戦! 「参加することに意義があるんです!」とは頭の下がる思いです。




※次のページへ続く!!

TOP