旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【旧極】全国&海外からも旧車乗りが参戦!当日の模様をがっつりお届け!!【Episode.5】

2018/09/30

COLUMN

単車&暴走族関連記事

旧単車の一大イベント、『旧極』が今年も中山サーキットにて開催された。旧極史上最高の台数を集め、終始熱気を帯びたアツいイベントとなった。
旧極特集の第2弾もスナップ写真を中心にお届けします!

パドックも、コース上もとにかく人、人、人。

今年の旧極は、数も単車レベルもイベントらしい数と質を確保していたように感じる。

そして強く感じたのが、10代、20代の参加者が、非常に多くなっていたこと。

次代を担う世代が増えれば増えるほど、先々のイベントは安泰、というものだ。

今回は再びスナップ写真を中心にお届けします!!









なんでしょうか、この画力の強さ! 待ち受けにしたらあらゆる災いを避けられるレベル!




関西のコール大会は、佐藤理人さん、大阪魔人さんお二人の掛け合いも見どころのひとつ。そんな二人が一人の女性を奪い合い……




左は台湾旧車會の李さん。海を越えて旧極に参戦です。なんと台湾で唯一、コールが切れる方なのだとか。




ひと目で九州と分かる爆発カラーのぶち上げ単車も多数参加! 




そしてこちらは関西のぶち上げ単車。単車の作りもまったく違って面白い。




この日、会場の各所で姿をみかけたBA軍団の方々。すごい数の方が来られていました




九州ぶち上げの単車をバックに……ただしメンバー過多で単車がまったく見えず(笑)。




改めて北海道の旧車會のお二人。地元の方々にもこの日の思い出を伝えてください!




こちらの特攻服は昭和50年代に実際に着用していたというお宝当時もの! 







昨年に引き続き崎山選手によるエクストリーム・ランのデモンストレーションが行われた。世界大会にも出場しているプロのテクニックはマジでヤバすぎ!




※次のページへ続く!!

TOP