旬ネタ&速報 旧車會

【単車乗り必見】見かけたら警戒すべき?覆面パトカーに多い車種3選!【前編】

2022年3月15日

冬の寒さを越えてようやく春が訪れようとしている中、「暖かくなってきたしそろそろ走りに行くかぁ〜」と思っている人も多いんじゃないだろうか?

春といえば単車乗りに最高の時期!これからどんどんツーリングのお誘いも増えるだろう。

最重要項目として「感染症対策」を怠ってはいけないのはもちろんのことだが、単車乗りが気をつけなければいけないことはまだまだ沢山ある。

その中でも重要項目の1つとして挙げられるのが「覆面パトカー」である。

ツーリング中に「思いがけないことがきっかけで検挙」なんてことになってしまっては雰囲気も台無しである。とはいえ、当然のことながら日本の公道を走るなら速度や交通ルールは守らなければならない。

覆面パトカー

特に違反をしているわけではないが、なんとなく覆面パトカーを見るとちょっとドキドキした経験はないだろうか。

そこでここでは、交通機動隊や速度取締りに対応している覆面パトカーを車種で見分ける方法を調査した。

全ての車種がそうだというわけではないが、とりあえずこの車種を見かけたら要注意、くらいに思っておいてほしい。

交取覆面かも?な車種その①:S210系クラウン(トヨタ)

速度取り締まり・交通取り締まり仕様の覆面の中で最も警戒すべき車種がこのS210系クラウンだ。交通取り締まりに投入されるこのクラウンの場合、そもそも3.5Lのパワーがあるので一度ロックオンされると逃げ切るのはほぼほぼ至難の技と言って良いだろう。

ちなみに、リアウインドウはかなり濃いスモークになっていることが多く、ひとまず後ろがスモークになっているこの車種を見かけたら、覆面であることを疑った方が良いだろう。

交取覆面かも?な車種その②:レガシィB4(スバル)

レガシィB4を見かけた場合、まず覆面と疑ってかかって良いだろう。それも、速度取り締まりや交通取り締まりに投入されている車種の場合、運動性能もそこそこなので逃げ回るのはかなり難しいといえる。

少なくとも、この車両を見かけた時にはいきなり追い越し車線からブチ抜くのはやめておいた方が良いだろう。

交取覆面かも?な車種その③:マークX(トヨタ)

この車種については正直覆面かも?というよりほぼほぼ覆面だと思った方が良いだろう。

マークXは元々捜査用の覆面車両としても全国各地の都道府県警察に配備されている車両であるが、その中でもとりわけ、+Mスーパーチャージャーを装備した車種は交通取り締まりに投入されている。

東京都内で確認されている同車種の交通覆面は、基本的にボディーが白色であることが多い。ぱっと見、走り屋がよくやってそうな足回りやパーツの装備が見られるが、とりあえずこの車種も見かけたら追い抜くのはやめておいた方が良いだろう。

ちなみに、動画サイトなどでも一部公開されているが・・・この車の加速性能は正直言ってバケモノである。

🔻+Mスーパーチャージャー搭載のマークX 追跡動画はこちらから🔻



以上、交通取り締まりに従事する覆面パトカーを車種で見分ける方法をいくつか紹介してきた。ぜひツーリングの際は参考にしてほしい。

\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-旬ネタ&速報, 旧車會

© 2022 i-Q JAPAN