旧車會

【カワサキ編】漢カワサキは愛称も独特? 変わった呼び名が付いた単車シリーズ③

【カワサキ編】

「変わった呼び名の単車シリーズ」第三弾となる今回は「カワサキ」の単車を紹介していく。

硬派なイメージのカワサキには、インパクトあるマシンがいくつも存在する。

そんなカワサキの名車の中で愛称が付けられた3つのバイクについて紹介していく。

ではひとつずつ見ていこう。

マッパ


最初に紹介するのは、「じゃじゃ馬」としても有名な「500SSマッハⅢ」が代表車種のマッハシリーズ、「マッパ」だ。1969年にアメリカ向けに開発され、ゼロヨンで12.4秒という当時ではぶっちぎりの記録で話題となった。

メーカーから付けられたモデル名「マッハ」をもじって真っ裸(マッパだか)からきているという説が有力だ。

のちにゼファーの登場によってネイキッド・ブームが巻き起こるのだが、このネイキッドとは「裸」「むき出し」といった意味の英単語。つまりカワサキは2度にわたって「裸のバイク」をヒットさせたことになる。

ちなみに、マッハには「未亡人製造機」「エグリ」「バナナ」などなど、インパクト強めな愛称が多い。

ケッチ


「ケッチ」はマッハの後継機である「KH」シリーズの愛称。その名の通り「ケーエイチ」が省略され「ケッチ」となったのが由来だ。

マシンの特徴としてはマッハ同様に2スト3気筒は引き継いでいるが、ボアダウンされているため扱いにくさはなくなっている。

純正カラーのライムグリーンの印象が強く、旧車として人気の高い車種だが、意外にも族車としてはそれほど人気はなかった。

フェックス


最後は「フェックス」ことZ400FXだ。

カワサキの代表的なマシンでKHと同様に「FX」が省略されて「フェックス」と呼ばれたのが由来。「エフペケ」やそのまま「エフエックス」とも呼ばれる非常に人気が高い車種だ。

CBXが旧単車価格急騰の象徴のようにいわれるが、このフェックスはそれ以前から100万円以上で売買されていた。

FXといえば漫画「特攻(ぶっこみ)の拓」の主要キャラクター「外道の鳴神秀人(なるかみひでと)」の愛車だ。パールホワイトのタンクにモリワキ管を入れたバイクの仕様と、男らしいキャラに当時のヤンキー達は憧れたはず。

ガンのくれ方やケンカでの切り抜け方をメモにまとめて、いじめられっ子の主人公「浅川拓(あさかわたく)」に授けるなど意外にマメなところがある。

\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-旧車會

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN