【旧車のお悩みズバッと解決】GSXってどのくらい互換性があるんですか?

2021/07/09

COLUMN

単車&暴走族関連記事

異なる外装やエンジンサイズであっても互換性が高いバイクといえばホーク・シリーズだが、GSXも前・後期で形状は違っても名称は同じで250も400もあるバイク。こちらはどこまで互換性があるの? そのへんを改めて調べてみた!
250も400もあって、前期も後期もあって、派生車種もある旧車會御用達のバイクといえば?

もっとも有名なところではホンダのホーク・シリーズが挙げられるだろう。前期のT型、後期のN型、そしてランクアップバージョンのD(スーパーホーク)型とあって、それぞれに250㏄と400㏄があり、ほぼすべてに互換性があるという、ユーザーにとってもはこの上なく改造の幅が広がるバイクだ。




※画像はイメージです


そして、似たような状況にあったのが、スズキのGSX・シリーズだ。

前期はゴキ、そして後期はザリという異なる愛称を持っているように姿かたちはまったく別のバイクで、それぞれに250㏄と400㏄がある。そしてLimitedやtraditionalなどの派生車種もある。もうちょっと枠を広げれば、4発のGSX400FやGSX400FSもある。

字ヅラの上では、かなりバブに近い存在のバイクだといえる。




※画像はイメージです


【エンジン載せ替えは可能?】
では、このGSXにはどのくらい互換性があるのか? ということに疑問を解決していきたい。某サイトで、こんな質問が投げかけられていた。


「GSX250Eのザリを知人から譲り受けましたが、これを400エンジンに載せ替えることはできますか?」

というもの。単刀直入にいうと答えはNOだ。




※画像はイメージです

外装デザインはほぼ一緒にも関わらず、250と400のエンジンは載せ替えができない。ぜいたくなことに(⁉)ザリもゴキも250と400で専用フレームが用意されているので、逆パターンで250のエンジンを400のザリ/ゴキに乗せようと思っても、これも上手くはいかない。


残念ながら、GSXの場合は異なる排気量でのエンジンの載せ替えは諦めた方がよさそうだ。




※画像はイメージです


【じゃあ外装載せ替えは可能?】
続いて外装の載せ替え問題だ。エンジンの載せ替えはできないのなら、せめて外装の載せ替えはできないものか? たとえば「ザリに乗っていたけど、気分転換にカタナの外装を載せてみよう」みたいなことができるのか、できないのか。

微妙なところだが、こちらの答えはYESだ。

これは某ショップスタッフの方に確認したのだが、「載る」というより、ニュアンスは「加工すれば何とかなる」だった。

というのも、タンクやサイドカバー、シートカウルなどのパーツは「どんな車種でも加工すれば装着できないことはない」のだとか。過去にも、『FX外装のGS』『CBX外装のバブ』などは、実在するのをこの目で確認している。

結論としては、ザリとゴキも若干の加工で外装の交換が可能になる。ただし、その加工は工具などが揃っている場合を除いてプロの手をお借りするのが必須条件になりそうだ。



執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP