HONDA CBX

【兄弟車】双子CBX400Fに込められた“旧車會のCBX”のこだわりがスゴい!【Part2】

2022年6月13日

東京のバイクショップ、シンガシ/S.G.S.の看板車でもあるこちらのCBXは、旧車會ショップとしてのプライドが随所にうかがえる、好仕上がりのバイク。フルカウルにラメ塗装、三段シートにアップハンという「ザ・旧車會仕様」でありながら、それぞれに精度が高い。



フルカウルと三段シートの高さを合わせ、真横からは長方形に見える全体のバランスと、ラメ塗装に絞ったハンドルの組み合わせは完全な“神奈川仕様”。テールアップの角度も神奈川のそれだ。



後部側面には拡声器を装着。あくまでも好みの問題だが、「プレスラインの入ったCBXには四角い拡声器を付けたい!」との思いから、あえてラッパではなく拡声器をチョイスしたそう。

拡声器そのものは族車アイテムだが、そこにしっかりと塗装が施した拡声器を装着。アイテムのチョイスと仕上げのバランスが取れているのが、旧車會のバイクだという信念が感じられる。



アイテムのチョイスとバランスという意味では、ハンドル回りにも触れておきたい。

CBXには750ハンやロボハン、1000ハンなどのチョイスがオーソドックスなスタイルだが、あえての絞ったパイプのハンドルというスタイルもこだわったポイントのひとつ。チョイスは昭和スタイルだが、セットバックしたウイリーハンというバランスは、完全に現代のそれだ。



そしてメーターがデジタルになっているのもポイント。状況的な問題で発光させられなかったのは非常に残念だが、こうした細部に令和のアイテムが組み込まれているのが面白い。



三段シートは40センチほど延長された絶妙なバランス! ケツ上げの角度といい、しっかり計算されたスタイルということがわかる。

もちろん、コールマシンとしての素養もすべて満たしてはいるが、だからこそコール全振りではなく、見た目の「粋」を追及するのがシンガシのスタイルなのかもしれない。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA CBX

© 2022 i-Q JAPAN