旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【佐藤理人のTGC】①コール最強女子『しのぴ』の謎めいたプライベートに迫る!|VICEのドキュメント放送後の反響とは一体……【Tansha Girls Collection】

2017/09/13

COLUMN

【連載】佐藤理人のTGC

佐藤理人のTGC~Tansha Girls Collection~、第二回目はコール最強女子『しのぴ』。いつも真剣な顔でコールを切る彼女のプライベートとは?

理人:知ってる人も多いと思うけど、まずは自己紹介から。

しのぴ:しのぴです、年齢は22歳です! よろしくお願いしま~す。

理人:よろしくお願いします! しのぴって小さい頃はどんな子だったの?

しのぴ:運動が凄い好きで、小学生の頃はバスケやってました! ミニバスってやつです。

理人:今のスタイルの良さは子供のころの運動も関係してるんだろうね。中学時代はどう過ごしてたの?

しのぴ:クラス自体がちょっと荒れてましたね(笑)。担任の先生に「この学校に10年くらいるけどお前らが歴代最悪だ!」って言われたくらい。

理人:おおお……。何してそんなことを?

しのぴ:かわいいモンですよ、先生の給食にチョークの粉を入れたりとか、その程度で(笑)。

理人:かわいいの判断は人それぞれって感じかな(笑)。でも、それで10年の歴史で最悪までは言われないんじゃない?

しのぴ:元々折り合いが悪かったんですよ。むこうも最初から色眼鏡で見てたし。頭が痛くて保健室にいるのに仮病呼ばわりされて、引っ叩かれたりとか……。いっぱいありましたよ。



理人:しのぴみたいなコの操縦には、きっとコツがあるんだろうね。こうやって、ここで話をしている分には素直だし面白いし、波長が合う人とはとことん合いそうだけど。例えば男の人のタイプって、どんな感じ?

しのぴ:私のことに一切口出ししない人ですかね(笑)。

理人:ワハハハハ! ハッキリしてるね。コールのキレの良さと同じだ。じゃあ、もし彼氏が浮気とかしたらどうする?

しのぴ:全然かまわないですよ! でも、私も同じことします (笑)。だからそれぐらいの覚悟で浮気しろよ、と。

理人:強いね~。ケンカとかしたら彼氏に勝っちゃうんじゃない?

しのぴ:でも、だからってケンカして放置されたりすると、こっちから素直に謝ります(笑)。

理人:カワイイ~~。そういうのは男性からするとズルいよ。やっぱりよっぽどのことじゃなければ許しちゃうもんね。

しのぴ:だからそういう時は放置しないで欲しいですね。これは全国の男性に分かって欲しい!

理人:なるほど! 全国の単車乗りのみんな、これが女心ってやつだよ!

しのぴ:言いたいことは言うけど、それを受け流されると不安になっちゃうんですよね。



理人:いまやVICE JAPANの動画で、女旧車乗りとして特集されてる“時の人”とは思えないね(笑)。でも、ああやってメディアに出るようになると、周囲の反応も変わってこない?

しのぴ:コール関係で話しかけられることが多くなりましたね。凄いね! とか言われるときはやっぱり嬉しいですけど、逆にネットとかでは叩かれたりもしてますよ。

理人:叩かれたりもあるんだ……。でも、これはしのぴに変わって申し上げたい。ああいうメディア向けの発言って、どこかエンターテイメント要素が入ってるものだから。一般論としてね、向こうにも撮りたい映像っていうのはあるから。

しのぴ まぁ、嘘は言ってないですけどね。

理人:うん、嘘はないと思うんだけど、額面通り受け取っちゃダメだよって、分かっておいてほしいね。でも、批判が出るのは有名になったってことだよ。

しのぴ:出る杭は打たれる。なら逆に、もっと出てやろう! って思ってます。

理人:素晴らしい! VICEに取り上げられたって事は、全世界中に注目されてるからね。 
今、日本の旧車文化は世界に羽を伸ばす時期なんだよ。
しのぴがその懸け橋になれるとイイね!


▼続きはコチラ!
女旧車乗り『しのぴ』の驚くべきコール練習法を公開!|コール大会にて羽を伸ばす、蒼き輝きに注目


佐藤理人のTGC vol.2 Guest
【しのぴ】
好きなブランドはHONDA、好きなアーティストは音職人というバリバリのコール派。インタビューではクールな見た目に反して、女のコらしい一面も。最近ではVICE JAPANの動画に、女旧車乗りとして出演(AbemaTVにて放送)。単車業界で一躍有名になった。ちなみにこの日は「撮影の立ち姿がピタッとキマるね!」と、撮影を担当したカメラマンも絶賛でした。




総合プロデューサー
【佐藤理人】
不良のバイブル・チャンプロード誌では、旧車會のカリスマとのトークで熾烈(しれつ)な現役暴走族時代の生き様を探る『紫色の時代(むらさきのとき)』や、女旧車乗りにスポットを当てた『C.G.C.(チャンプロード・ガールズ・コレクション)』のプロデュースを担当。また、独自のコネクションでファッション業界や芸能界のビッグネームを度々誌面に登場させるなど、いち旧車乗りの枠に収まらない活躍を見せ続けた。このたび、当i-Q JAPANの総合プロデューサーに就任。その人脈を活かした活躍が期待される。



▼関連動画



TOP