旬ネタ&速報

【CB400Four】またもバイク盗難事件発生・・・だけど今度の手口は相当エグい

テレビのニュースでバイク盗難が報じられるのはあくまでも氷山の一角で、実際は何倍、何十倍という台数のバイクが心無い犯罪者の餌食にされてしまっている。

報道されているorされていないで区別することはないが、さすがにこれは伝えないといけないニュースなので、改めてお伝えしたい。




18日午前2時半すぎ、人影が家の前のカメラに映りました。すると直後、駐車場に設置してあるカメラが捉えたのは、傘を持った人物でした。素顔を隠すためか、フルフェースのヘルメットをかぶり、右手にはなぜか「虫取り網」を手にしています。

日テレNEWS24より引用





この虫取り網はなぜ持ってきたかというと、2階部分に設置されている防犯カメラにかぶせて自身の姿を証拠映像に残させないためだ。

さらに、虫取り網を防犯カメラにかぶせている間に撮れた映像では、上下とも長袖になっている大き目のジャージで体型を隠し、さらにはフルフェイスのヘルメットをかぶって、なおかつサングラスとマスクで顔を隠すという念の入れよう

ちなみに、左手には傘を持っていて、これで自身の体を隠してもいた。




かなり厳重に停めてあったようで、ガレージに侵入してから40~50分の時間を費やしてからバイクを運び出した。

運び出したのは、CB400Four。これは被害者のオーナーが20年間乗り続けてきたバイクだった。当時、80万円で購入。現在価格でいえば300万円は下らないだろう。

防犯カメラの場所をピンポイントで捉えているところを見ると、現場の状況はかなり正確に把握している様子。かなり内情に詳しい人物が犯行に加わっているか、下見を念入りに行った上での犯行の可能性が高い




犯行のあった18日は大粒の雨が降っていた。こんな日は窃盗犯も休むすだろう、と考えてしまうが、雨音で物音がまぎれるのでむしろ雨の日の犯行は多いのだとか。

カギは多めにかけていても、それを破る手段は増えているとか。入り口で解錠されたら音で知らせるのが効果的との声もある。旧車は価格が高騰していて、それだけ窃盗団からも狙われやすい存在になっていることを自覚して、対策をしていただきたいものだ。



\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-旬ネタ&速報

© 2021 i-Q JAPAN