未分類 単車&暴走族関連記事

【旧×旧】70年代の特殊エンジンが奇跡のコラボ!KH400&サバンナRX-3のコンビが超絶オシャレ!

旧車バイク乗りには、族車としてのバイクが好きでバイクだけをイジりたい人と、当時の“マシン”が好きでどちらもイジりたい人がいる

両方所有している人の中には自分が乗りたかったマシンに乗る人もいれば、当時の憧れに改めて触れている人と、両方のパターンがあるだろう。バイクと四つ輪のコンビネーションを考える人も、そうでない人もいるだろうが、バイクと四つ輪の時代性が合っていたりすると「かっこいいな」と思える人は少なくないだろう




このコンビはカワサキのKH400とマツダのサバンナRX-3という、どちらも70年代に人気を博したマシン。そしてケッチは2スト3気筒、RX-3はまだ黎明期だったロータリーエンジンという、どちらも今考えればかなりマニアックなエンジンを搭載したマシンだった。




当時、有力なカワサキ特約店ではオリジナルのカスタマイズを行い、バイクに付加価値をつけて販売するという手法が許されていた。こちらのケッチはそのうちのひとつ「ゴールドスペシャル」を忠実に再現したもので、当時を知る方々にとっては憧れの存在でもあった。




その名の通り、ケッチは外装にはゴールドと黒でグラデーションされた塗装が忠実に再現されている、絶版車カスタムとしてはかなり知られた存在のバイク。

それもそのはず、ケッチやGT380などの3気筒バイクのカスタムや整備をメインに行うショップ・トライスターズの看板車で、ベースはオーナーの松田代表が昭和・平成・令和と時を共に過ごしてきた愛車でもあるバイクだ。




対するサバンナRX-3は令和になってから手に入れたもので、長きにわたる交渉の末に譲り受けた、思い入れのある一台。これを自身でこつこつと仕上げていって、ようやく形になってきた。




サバンナワークスというパーツがあるくらいで、レーシーなカスタムを行うにはオーバーフェンダーを装着するのがポピュラーなのだが、ここはあえての叩き出し。これがかっこいい!




室内にはロールバーを装着。そしてカーステレオのスピーカーはパイオニアのTS-X60。文字部分が光るので新車には装着が認められていないものだが、逆にこのパーツは装着しているだけでも「同好の士」はニコニコ顔になってしまうという逸品だ。



\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-未分類, 単車&暴走族関連記事

© 2021 i-Q JAPAN