KAWASAKI Z(FX/GP/FT)

【Z1】次はコレくるかも?“ド70年代スタイル”のZ1が古くて新しい!

少し前から、ファッションの世界に「ナード」というジャンルがある。70年代の、ちょっと時代がかった当時のオシャレをそのまま持ち込んだような、レトロとも少し違う「お父さんのブルゾンかわいいよね」的な、世代間ギャップを楽しむジャンル。5年前の流行を追ったら時代遅れだけど30年前の流行は一周回ってアリ、みたいな感じだ。





これ、バイクのカスタムに用いても意外と面白いんじゃないだろうか。

塗装のスタイルはどんどん目新しいものが生まれていて、時には大きなブームになったりもする。やはり目立ちたいのが旧車會だし、他人と違った仕様に仕上げたいというのは誰もが思う本音だろう。





そうやって皆が前に前に進んでいくなかで、この「70年代スタイル」を意識的に取り入れたカスタムは意外と盲点なんじゃないだろうか。

そこで参考という意味でおススメしたいのが、こちらのZ1だ。





まずもってカッコいいのが風防のスタイル。黄ばみ具合、曲げ具合、そしてステッカーチューンのどれをとってもシブすぎ

当時のステッカーは、この金・銀・黒を使ったものがめちゃくちゃ人気があったものだ。





そしてタンクとマフラーの色合いもいい感じ。自家塗装感のあるピンクの単色外装に赤いマフラーという組み合わせは、色違いだからこそ溢れる野性味を感じさせるもの。黒エンジン&黒フレームとの相性もバッチリだ。

そして足回りはZ1-R用の純正キャストホイール&ダブルディスクがオシャレ。Z1のカスタムでは定番で、同じカワサキ製というのがポイントだ。

こんなノリの旧車が集団で走ってたら、ちょっとワクワクしてきませんか?

"

\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

ボタン

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

執筆者:i-Q JAPAN編集部"

-KAWASAKI Z(FX/GP/FT)

© 2022 i-Q JAPAN