旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【UMC怒璃瑠のイベントレポ!】昭和の空気ええな。車も単車もええけど昭和のおっちゃんええ人だらけや【富士河口湖オートジャンボリー】

2018/08/01

COLUMN

旬ネタ&速報

『第5回富士河口湖オートジャンボリー見聞録』の第4回は、パンチパーマの伝道師ことウルトラマルチクリエイターの怒璃瑠(ドリル)がイベント会場をレポートします!
まいど! パンチパーマの伝道師ことウルトラマルチクリエイターの怒璃瑠(ドリル)やで!!

ところで、このウルトラマルチクリエイターって肩書き、ホンマに歌もダンスも俳優もカメラマンもライターもやっとるからウルトラマルチクリエイターには違いないんやけど・・・・。


ちょい長ない?

せやから、略して「UMC」って付けてみたんやけど、どうや? これからもちょいちょい使っていくで!

・・・・ってこれ、なんの宣言やねん! どうでもええわ。会場の様子、伝えてくで!




会場で最初に遭ったのが、同じ兵庫人・ジョーカーズのおっちゃんや。めっちゃウェルカムで話しかけてくれて、一気に緊張ほぐれたわ。




ほんで、こっちは世界のリバティーウォークや。ランボルギーニ・ミウラをシャコタンにするクレイジーな人たちやけど、笑顔で受け入れてくれてほんま嬉しいわ。オレもいつかランボのシャコタン乗ったるどぉ~~。




スフィア・ライトとリバティーウォークのダブルネームのハコスカやな。これめっちゃええな~。前に東京モーターショーの会場でもマシンに跨らせてもろてたんやけど、しっかり覚えてくれとった。ありがたいことや。




ロードスポーツの改チャリやな。なにげにライトと風防とハンドルのバランスがすごない? 単車でもこのレベルまでいってない人はいくらでもおるのに。




車幅が全然ちゃうやん! めちゃ幅広やな。

クルマは「縦目角4灯のルーチェ」や。そう言え、言われたわ。オレにとっては魔法の呪文みたいなもんや。この124☆麗心愚の人たちも、いろんなクルマに乗せてくれたりして、めっちゃ優しかった!




「A STORE ROBOT」って知っとる? オレは知らへんかったけど、編集長によるとパンクスにとってのクリームソーダみたいな店、ってことらしいわ。昔はよく買い物に行った言うとったな。編集長、パンクスちゃうのに。

で、その「A STORE ROBOT」にあったのがマーシャルのマークをかたどった猫のショルダーバッグ。これはオシャレなやつや! ほかにも小さめのマグネットやつり革みたいなアクセサリーも売っとった。なんでこんなにマーシャルのアイテムを扱うか聞いてみたら、「猫が大好きだから!」いうとったな。




全身ヒョウやで? GTのナナハンは「水牛」いうらしいけど、水牛ちゃうやん、ヒョウやん! こんなん、草食動物絶対に近寄ってけぇへんやんか! このあとオーナーさんにお会いしたけど、本人も全身ヒョウ柄やった。絶対に「趣味:狩り」やろ。けっこう有名な人みたいやな。




みんな『特攻の拓』は知ってるやろ? 好きなキャラは誰やった? 鰐淵? マー坊くん?風神雷神? で、このヒトが特攻の拓のマー坊くんのモデルになった方や! 本人は否定するけどな。でも、あの岩橋大先生がそうおっしゃっていたからな。無関係ってことはないハズや。




旧車會の有名人も来場しとったで! 中京の塾長さんと神奈川の小山さんや。このスタイルで会うのは初めてやからな。めっちゃ緊張したわ。確実にチビッたけど、ええ人でほんまよかった! 




悪魔の旗の前で、めっちゃメリケンサックや。悪魔的なかっこよさやな。『酔狂悪魔』ってアパレルショップさんの旗の前で撮らせてもらった一枚や。サブカルの匂いがプンプンする感じのショップで、単車やクルマの改造文化にも合いそうやったで!



いつにも増して、会場でたくさんの人と自撮り写真を撮らせてもらったな。みんなが怒璃瑠(ドリル)を認識していたかどうかは分からへんけど、これでみんなが喜んでくれたら嬉しいわ。またどこかのイベントで会おな! ほな!



▼ジャンボリー2018i-Q JAPANレポートPart1
集まった単車&四輪は総勢2000台超!? 富士河口湖オートジャンボリーは何度訪れても面白い!!

▼ジャンボリー2018i-Q JAPANレポートPart2
富士河口湖オートジャンボリーに集う、スタッフが気になった単車をご紹介!!

▼ジャンボリー2018i-Q JAPANレポートPart3
【富士河口湖オートジャンボリー】昭和魂を感じさせる街道レーサーが会場を彩った!

▼2017年度のジャンボリーi-Q JAPANレポート
EVENT 富士河口湖オートジャンボリー(26)



主 催:MISTY-アメブロ
執筆者:i-Q JAPAN編集部



TOP