HONDA CBX

【CBX400F】BLACK&GOLDのアダルトな佇まいが似合うCBX

バイクのカラーリングとして、純正の単色は想像するほどは多くない。タンクもサイドカバーも同色の単色外装だと、旧車會界隈のバイクでは408㏄のヨンフォアくらいか?

年式によって外装カラーを変える必要があった70年代は特にバイクのカラーを変えるために外装に分かりやすい変化を加える必要があった

それだけに、ソリッドカラーの単色塗装は純正風に見えても実は純正から一番遠い存在でもあった。単色外装のバイクが何故かワルく見えるのには、そんな理由もあるんだろう。




そしてヨンフォアにも無かった、黒ソリッドで仕上げたのがこちらのCBXだ。

カワサキのZ1/Z2には映画『爆発暴走族』で岩城滉一が乗っていた真っ黒のZ2を模した“爆発ルック”という仕様があるが、これに近いスタイル。




シルエットとしては三段シートも付いていないシンプルなスタイルだが、それでも目を引く仕上がりになっているのが凄い。

まずポイントになっているのが、ゴールドのビスやリム。外装やエンジンなどが黒で統一されているなかでのゴールドは、お互いを引き立てあう関係になっているので強いコントラストが強いインパクトに繋がっている。




よく見ると、ホイールのリムも半分だけゴールド。チェーンもゴールド。ハンドル周りもテクニカルアジャスターはゴールドだ。

そこに赤いアクセル&クラッチのワイヤーが絶妙な差し色になっている。




オシャレなのがタンクのロゴマーク。ちょっとロックの匂いがするバラのマークが入ったオリジナルのヘッドマークが唯一無二のスタイルでカッコいい!



\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA CBX

© 2021 i-Q JAPAN