HONDA CBX

【CBX400F】550カラーに純正を感じるほどの精巧な仕上げが美しいCBX

CBXの外装パターンを作るのは、意外と難しいんじゃないだろうか。思った以上にタンクのプレスラインがしっかり付いていて、サイドカバーもBEETのアルフィンを装着することがほとんど。ホイールもブーメランコムスターとインボードリングがセットになっているので、社外のキャストホイールを履かせたり、ブレーキディスクやキャリパーで遊んだりすることも難しい。

足回りをいじるには丸々換装するしかないが、そうなると今度はCBXらしさがかなり希薄になってしまう。専用のアレンジパーツが少ないのも難点のひとつだ。




そうなると有効な手段のひとつが『純正風』の仕上げ。ベースカラーを活かしてフルカウルやフェンダーまで同色で仕上げていくとか、ラインだけ活かしてカラーリングをまったく別物にしてしあげていくなど、やり方は様々あるだろう。

そしてこちらのCBXのように、550の純正カラーを用いる方も少なくない。

白ベースにマリンブルー、スカイブルー、そしてシルバーの三本巻きを合わせた仕様は超爽やかで、シンプルながら目を引く。ホンダという一流企業の本気を感じるカラーリングだ。




そしてこのカラーリングが550にだけ用意された専用カラーという点も面白い。販売していた1980年代はまだ大型と中型の間にある「限定解除」の壁は想像以上に高く、おいそれとは手が出せない状況だった。

しかも限定解除をしたら排気量MAXの750㏄に乗りたい人が大半で、550の需要はそれほど多くなかった。

そのCBX550Fにオリジナルカラーを与えているのがホンダらしい差配。しかも国内仕様はインテグラしかないのに、だ。




そういった前提でこちらのCBX400Fを見てみると、見た目はほぼほぼ550Fなのにインテグラカウルは付いていなしフロントタイヤのインボードリングもシングル。そしてアンダーカウルを装着してタンクと同様の配色でペイントしているので、純正感は増す

その上でイノウエのガニマタ管やデイトナのスタビライザー、大川の三段シートなどを装着してしっかり旧車會仕様に仕上げている



\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA CBX

© 2021 i-Q JAPAN